【幼児食3歳4歳】 妊娠つわり中の「上の子のごはん問題」乗り切り方・簡単な献立例

今回は「妊娠つわり中の1番の悩み『上の子のごはん作り』」のお話です。

2人目に恵まれた喜びに浸れたのも束の間で、6週頃から本格的に吐き気が強まり仕事や家事、炊事がかなり負担に感じていました。

安定期に入った今は落ち着いてきたので、当時を身体の疲弊レベル別に振り返りながら、娘3歳10ヶ月頃から4歳1カ月頃に至るまでの「簡単な娘ごはん献立例」や工夫したこと3点などをお届けします。

同じように「妊娠・つわり中の上の子のごはん問題」でお悩みの方へ少しでもお役立てできればうれしいです。

 

 

 

 

調理中の匂い・立ち仕事が辛い。動けない&作れない時

妊娠中に一番辛いのは、つわりレベルが個々によって大きく違い、本当の意味で当人にしかその辛さは理解できないという点ではないでしょうか。

 

良くも悪くも『つわりは病気じゃない』ので、風邪薬のような特効薬もありません。

いつかは終わると言い聞かせ、お腹の子の生命力を信じて、ただただ、つわりが過ぎ去るのを指折り数えて耐える日々。きっと多くの妊婦さんがご経験されておられることですよね。

 

 

 

 

「食」が負担に感じた時は周りのサポートを活用してみる

f:id:sawamama:20181006111145j:image

(体調が整い出してからは、炭水化物祭り~♪ なお弁当を携えて秋の公園へ)

つわり中にもっとも辛いことといえば、やはり食べれない時のごはん作りや炊事関係です。極端な話、掃除や家事であれば1日、2日やらなくても何とか乗り切れます。(本当に酷かった時期は掃除機掛けを1週間以上出来ませんでした、汗。汚くてすみません..)

 

でもどうしようも無く困るのは「上の子どものごはん」ではないでしょうか。

近くに頼れるご両親などがいらっしゃるご家庭であれば支障は小さく済みますが、遠方であったり何らかの理由等で頼れないケースもあります。

 

我が家の場合はどちらも遠方なので、頼り先がないため、便利な宅配サービスやお役立ちグッズなども使いながら自己解決してどうにか凌いでおります。

今回はその中で、我が家なりの乗り切り方と便利なもの3点に絞ってご紹介してみます。

 

 

 

 

つわり中のごはん作りに役立つもの・工夫点3つ 

f:id:sawamama:20181024131131j:image

お金を湯水のように使えれば大抵のことは乗り切れるかと思いますが、我が家は節約もしつつ、なんとか自己解決できる方向で工夫しながら乗り切ってみました。

 

 

1.料理苦手な主人でも出来る!下拵えを済ませておく

調理前の野菜や肉などの下拵えが全て済んでいると、残る実際の調理時間はかなり減り、立ち仕事のストレスも小さくなります

玉ねぎや白葱などの強烈な匂いを嗅ぐと卒倒しそうだったので、野菜や肉などを切る下拵え作業は全て週末に主人にやってもらいました。主人は不器用で料理などもほぼ作った経験がありませんが、それでも調理器具を使ってなんとか上手に切り抜けてくれました。

 

我が家のブログで度々登場している、レコルのカプセルカッターと保温調理鍋のシャトルシェフは大活躍してくれます。不器用な主人でも、100金均のピーラーで皮を剥き、ざく切りした野菜たちを微塵切りする作業は失敗しらずです、笑。

 

 

 

 

幅広くアレンジでき下拵えストックを欠かさないもの6点に絞って以下に挙げてみます。

ストック用に加工した食材は一回分量を食用ビニール袋に入れた上、ジップロックに詰めて冷凍保存までを主人に担当してもらいました。なお、始めは慣れずに時間がかかるものの、ある程度慣れが出てルーチン化できると小一時間で済ませれるまでレベルアップしてくれました〜(*^^*)

 

・玉ねぎと人参の微塵切り 

 ⇒ピラフや炊き込みご飯、豚丼用具材、お焼き系や揚げないスコップコロッケなどに加工

 

・玉ねぎの串切り

 ⇒親子丼や牛丼等の具材、炒めもの全般、具沢山オムレツやお味噌汁などへ加工

 

・ジャガイモやカボチャのマッシュしたものの小分け冷凍

 ⇒ポテサラ、ポテトオムレツ、スープやお焼きなど

 

・キノコミックス

 ⇒炒め物全般、炊き込みご飯、煮物やホイル蒸しなどへ加工

 

・鶏肉、豚肉、あいびきミンチ肉の小分け冷凍

 ⇒鶏肉や豚肉は細切れにし、一回量だけラップに包んで冷凍

 

・匂いと骨が少なく扱いやすい白身系魚の小分け冷凍

 ⇒タラ、鮭などの切り身やホッケやアジなどの一夜干しをラップで三重に包んで小分け冷凍

 

 

上記のストックと市販品とをうまく組み合わられるとなんとかごはん作りを乗り切れます。

 

 

 

 

2.市販品をうまく活用する

市販品・既製品のチカラも借りることで、食卓が賑やかになり負担が軽減できるのであれば上手に取り入れたいですよね。でも、気になるのは味の濃さや塩分や油分の量が多い点です。

我が家で重宝している塩分や添加物なども極力抑えれるものおすすめなグッズの一部をご紹介します。

 

 

 ■食塩無添加のトマトジュース

カゴメ トマトジュース 食塩無添加 200ml×24本[機能性表示食品]

カゴメ トマトジュース 食塩無添加 200ml×24本[機能性表示食品]

 

トマト缶もいいのですがゴミにもなるので、パッと捨てられる紙パックタイプを重宝しています。ジュースとしてではなく、トマトの煮込みやコンソメとチーズ、砂糖を少し足した即席スープなどで使っています。水溶性食物繊維も豊富なので便秘にもいいです。 

 

 

 

 ■野菜たっぷり系レトルトスープ

カゴメ 野菜たっぷりスープギフト SO-30

カゴメ 野菜たっぷりスープギフト SO-30

 

野菜不足が気になるので、そんな時は温めるだけのレトルトの野菜スープが大活躍です。

平日夜に帰宅した時は、主人が下拵えして冷凍してくれていたお肉や魚ストックを解凍しフライパンで炒めている間に、具沢山なレトルトスープと白ごはんをレンジで温めておき、デザートにミカンを添えて何とか娘ごはんを作って乗り切ることが多かったです。

 

 

 

 

 ■和えるだけでできあがるパスタ系

乾燥パスタを朝出勤前に水に浸して冷蔵しておき、帰宅後はレンジで茹でてから、キューピーのあえるパスタソースで和えるだけでパスタごはんも定番でした。パスタを茹でることさえせずに、レンジで全て終わるので片付けも楽チンです。

パスタの付け合せは、主人が下拵えしてくれていた玉ねぎの串切りを使った即席のお味噌汁やコンソメスープなどと、デザートにリンゴを剥く程度です。

 

 

 

 

 

3.匂いが少ない&すぐ火が通り易い食材をフル活用

f:id:sawamama:20180826080132j:image

独特の匂いが少なく、火が通り易いため調理時間が少ない食材はとても重宝します。

具体的には、うどん麺や食パンなどです。菓子パンなどは娘にあまり解禁していないことと、甘い匂いが受け付けられなかったので、ホームベーカリーにお任せでパンを焼くことも多かったです。計量してHBにセットするまでを主人にお願いし、パンの成型は娘と一緒にすると娘も大喜びしてくれました。

 

 

 

 

 

3歳・4歳の幼児食:つわり中でも作れる簡単な献立例 

f:id:sawamama:20180819122442j:image

ここからは具体的な3歳~4歳頃の幼児食献立例について、つわりで動けなかった/簡単にできるレベル別にお届けしてみます。なお、簡単レベルの★はかなりの主観で付けております~。

 

 

 

 

簡単レベル★★★ フライパン1つで即席ごはん献立例  

f:id:sawamama:20180819121333j:imageど、ど、どーーーんっと。なんとか作れた娘と主人のお昼ごはんの一例です。

キューピーのあえるパスタソースミートソースをアレンジして使い、フライパン1つで10分かからずに作ったオムライスです。

写真にはありませんが、このお皿以外に果物と汁物を添えれる日は添えていました。(無い日もあります~、汗) ツワリが酷かった時期の週末のお昼などは、炭水化物祭りのようになっておりましたね。

 

 

 

f:id:sawamama:20180902125110j:image

こちらも似たような、フライパン1つで10分もあれば仕上がるごはん例です。主人が小分け冷凍してくれていた合いびき肉を使い、冷凍コーンと一緒に炒め塩とバターで味を付けたのち、白ごはんを混ぜて炒めた味付けごはんです。

この「合いびき肉」の炒め物は意外と便利です。フライパンで多めに炒めて取り置いておき、後日、マッシュしていたジャガイモ冷凍ストックと和えてスコップコロッケなどにもアレンジすることも多かったです。

ただ、お肉を炒めると強烈な匂いが漂うのでマスクを2枚付けて調理していました、汗。

 

 

 

 

 

f:id:sawamama:20180819190357j:image

ある日の娘ごはんです。上記の炒めごはんに比べると少しは手がかかったような?

薄くスライスして冷凍ストックしていた鶏肉に片栗粉をまぶして麺つゆとミリンで即席照り焼きにした丼ごはんです。照り焼きの下には、レンジ調理で作った卵を敷き込んでいます。 この時期も麺つゆの匂いが卒倒ものだったので、マスク2枚を付けて目分量でつくってました~、汗。

 

 

 

 

 

簡単レベル★★ 手作りスープ・パンを使った献立例 

f:id:sawamama:20180901175242j:image

つわり中に私自身も食べれるものを模索している中で、出汁系はダメでしたが洋風のスープ類は割と受け容れられました。そのため、市販品のスープ以外にも、深めのフライパン1つで仕上がるボチャスープやジャガイモの冷製スープなどはよく作っていました。

 

 

 

f:id:sawamama:20180902125116j:image

こちらはジャガイモの冷製スープたちです。ちなみに一番小さな器が私のです。娘の方がはるかに食べてます、笑。

 

作り方はとても簡単で、フライパンだけでミキサーも使いませんでした。少し触感が残りますが、時短を優先です、汗。

主人にお願いしてジャガイモ(大玉3個~4個)やカボチャの皮(1/4程度)を剥いてカットしてレンジで6分ほど加熱して火を通しておくことまで済ませて貰った後は、フライパンに移してお玉で軽く潰しながらペースト状になれば、小麦粉小匙2杯程度を入れて混ぜた後、牛乳500㏄程を入れてコンソメ1粒、バターを1かけ入れて弱火で軽く煮込めば出来上がります。

 

 

 

 

f:id:sawamama:20180902175253j:image

○白ごはん

○ジャガイモの冷製スープ、食パンスティック

○厚揚げ豆腐と魚ニソのサッと照り焼き

 

とある日の、手作りスープを添えた娘ごはんです。食パンと白ごはんを一緒に1枚のお皿に乗せている暴挙に出ておりますが、娘は喜んでくれました。ジャガイモのスープと食パンスティックのお替りをしてくれました。

 

 

 

 

f:id:sawamama:20180917193730j:image

スープ類からの延長線ということで、お次はクリームシチューです。シチュー単体だけでなく、マカロニやパスタを入れたり、グラタン風にアレンジしたりと出来るのでよく重宝しています。 ジャガイモ、玉ねぎ、人参意外に大根や白菜も入れ込んで具沢山にしています。

 

  

 

 

f:id:sawamama:20180818182100j:image

 

 

 

f:id:sawamama:20180818182103j:image

○鶏の照り焼きのっけの焼うどん

○レタスと豆腐の和えサラダ

 

サッと茹でるだけのソフト麺も大活躍してくれます。出汁の匂いがどうしても受け付けない時期は、うどん炒めを重宝していました。味見が出来ずに目分量で味付けしていたで、麺つゆとミリンにかつお節と天かすを加えたりして、なんとか誤魔化したり、汗。

 

 

 

f:id:sawamama:20180904194135j:image

○フライパン1つで!簡単焼うどん

○小鍋1つで!卵とじの春雨エノキスープ

 

焼うどんの具材は適当でして、基本の豚肉・玉ねぎ・人参・ほうれん草などのパターンに飽きたら、厚揚げ豆腐や魚肉ソーセージ、ウィンナーを卵で綴じ込むものなどをアレンジしたりしてました。 卵で綴じてあげると甘みが出て食べ易くなります。

 

 

 

 

 

 

 

  

f:id:sawamama:20180817192214j:image

○卵とウィンナーのホットドッグ

○レタスと豆腐和えサラダ

○スコップコロッケ

○コーンスープ

 

お夕飯なのに、お昼ごはんのようなホットサンドやホットドッグを出す日もあります、汗。平日帰宅してフラフラになりながら、ソーセージと卵をレンジで温めて軽くトーストしたパンに挟んで出来上がりです。付け合せのサラダは市販のパックに入ったものを使って豆腐で和えて添えました。

ホットサンドは食べ応えもあり娘は喜んでくれるので、具材を卵ハムレタスに変えたり、チーズ卵に変えたり、ツナマヨネーズ卵に変えたりと色々アレンジしました。

 

 

 

 

f:id:sawamama:20180908130020j:image

度々登場している、具沢山なオムレツをフライパン1つで焼いてストックしておき、食パンに切れ込みをいれたホットサンドも良く作ります。朝食やお昼ごはんメニューにピッタリです。

 

 

 

 

簡単レベル★身体と心に優しい和風ごはん献立例

f:id:sawamama:20181022172955j:image

○和風具沢山キーマカレー

○納豆チーズ卵焼き

○ワカメとお麩のお味噌汁

○サツマイモ甘煮

 

ツワリも落ち着いた今日この頃の娘ごはんです。徐々に我が家定番モードになってきました。

 

 


f:id:sawamama:20181022172952j:image

卵焼きの具として、納豆とピザ用チーズを入れてクルクルと巻込んだものです。卵1つだと薄っぺらくなりがちですが、具材が多めだとボリュームがでて巻きやすくなります。

 

 

www.mamastep.com

納豆入りは好みが分かれそうですが、 納豆好きなお子様には是非おすすめです~。溶いた卵に直接入れるのではなく、溶き卵をフライパンに流してから混ぜた納豆を投入するとトロトロ卵焼きに仕上がります。

 

 

 

 


f:id:sawamama:20181020184108j:image

○ヒジキや大豆などの炊き込みごはん

○ミックスキノコソテー

○タラソテーの具沢山野菜のっけ

○冷奴

○ワカメとお麩のお味噌汁

○りんご

 

ザ・和食なごはんです。タラとキノコミックスを1つのフライパンでソテーした後に、冷凍ストックしていた葉物野菜などの煮込みストックを掛けて出来上がりです。

 

 

www.mamastep.com

煮込みストックや具沢山なオムレツなどがあると、平日のお夕飯作りがとても楽です。煮込み野菜を小分けにしてストックしておくと、単なる汁物としてだけでなく、魚やお肉をソテーした上にソース代わりに掛けて食べても美味しいので便利です。 

 

 

 

 

 

 

f:id:sawamama:20181021182931j:image

こちらは作り置きの鶏団子です。鶏胸肉ミンチに豆腐、おからパウダー、卵を使っていてホワンホワンなお団子です。複数アレンジできるように、あえてベースの味付けは塩のみにしています。

 

 

 

 

f:id:sawamama:20181021182916j:image

アレンジの一例として、煮込みうどんの具材にしてみました。鶏団子以外に、ミックスキノコや油揚げ、野菜天ぷらなどをいれて最後に卵でふんわり綴じています。

 

この他以外にも、クリームシチューに入れてクリーム煮にしたり、トマトケチャップで軽く炒め煮にしたり、厚揚げ豆腐と一緒に出汁で軽く煮たりと、塩味の鶏団子は色々とアレンジ自由で便利です。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

f:id:sawamama:20181020152048j:plain

 

妊娠つわり中の「上の子のごはん問題」について、我が家での乗り切った方法と簡単な献立例のお話でした。

『つわりは病気じゃない』と言われると、受け手である妊婦としては逃げ場が無くて心が苦しくなったりします。元気な娘と向き合いたくとも、どうにか日常に支障をきたさないように頑張りたくとも、どうしても動けない日々もあったりします。

我が家の場合は近くに頼れる両親がいないので、主人に全面的に頑張ってもらうことで何とか乗り切れています。

 

また、「衣食住」のなかで「食」のバランスが崩れすぎてしまうと、食いしん坊な我が家の場合は大きく傾いてしまうようです。そのため不器用な主人にもお願いしつつ、市販品のチカラを借りつつ、どうにかこうにか乗りきれているといった具合です。

 

無理なく、健やかに。が一番ですよね。

 

今後も定期的に幼児食献立例などをお届けできればいいなと思っています。

最後まで読んで下さりありがとうございます(*^^*)