【幼児の英語】 2歳、3歳の幼児と英語の関わり方・おすすめなペーパーアイテム

今回は「2歳~3歳くらいの幼児と英語の関わり方・我が家で役立っているおすすめペーパーアイテム」のお話です。 

(英語スキルに自信あり!な方には微笑ましく映るであろう拙い記事になります…)

 

私自身の英語や英会話に関する知識レベルとしましては低空飛行で海面スレスレ、、、といった具合でして、洋楽は比較的よく聴く方ですが高校・大学時代での学習が最後なのでほとほと後退してしまっております(==)

娘が英語保育園へ通い始めてからは、何かしら英語に触れる機会が増えネイティブの先生とお話する時もあるのですが、シドロモドロで穴があったら逃げ込みたいです、笑。

 

そんな素人同然な英語スキルの親子ではありますが、日常的に英語に触れて楽しめてはいるようです。英語保育園へ通い始めて約5ヶ月ほど経ち、保育園で覚えた単語やフレーズ、歌を娘と一緒になって自宅でも使うようにしてきたところ、自然と娘の口からも出てくるようになってきたので「主体的に英語に親しんでいる」という点ではマズマズの成果があがっているのかな、と感じます。

 

今後も学習記録として定点比較するための覚え書きも含めて、我が家での英語学習のケース例と役立つおすすめアイテムなどについて、お届けします。

 

 

 

 

幼児期における英語との関わり方(我が家のケース)

f:id:sawamama:20170816230923j:plain

お役立ちアイテムなどのご紹介に入る前に我が家での英語との関わり方や疑問に感じたことなどについて少し綴ってみます。

 

(「こんな風にできるといいなぁ」という半ば願望も書いてます〜)

 

 

娘が通う英語保育園では言葉や掲示物、オモチャなど身の回り全てに対して基本的に英語が用いられます。

通い始めた当初は「大丈夫かな?!」と心配でたまりませんでしたが、身振り手振りや周りの子どもたちの動きなどを見よう見まねでなんとか理解できているようでして思ったよりもスムーズに順応できたように思えます。

本当に先生方のあったかいフォローのおかげです。

 

 

 

 

日本語が完璧じゃない時期に英語も学ぶのは負担が大きい?

娘を英語保育園へ通わせだしてから、一番大きかった疑問や不安が「日本語もまだまだ充分に話せない、読み書きできていない時期から英語も学ぶことは娘の負担にならないか。また、日本語の習得に支障が出ないか」ということでした。

 

 

 

上記のことを保育園の先生に相談してみたところ、

 

○幼少期は脳の発達が盛んな時期であり、物事を吸収するスピードやキャパは大人が考える以上のものがある。「負担」ではなく、脳の活性化、と捉えてほしい。

 

○英語を早く覚えさせようとして家庭で無理に英語を学ばせなくともよい。英語学習は園側にお任せスタイルが結果として実は1番良い。

(子どもの中で、保育園では英語で話す、自宅では日本語で話す、と自然と切り替わるらしいです。園が違えば方針も違うかとは思いますが、娘の園の方針は上記です)

 

○家庭では絵本読み聞かせなどで日本語の語彙力を伸ばす取り組みをしてほしい

 

の3点で回答を頂きました。

 

早期学習のデメリットや弊害なども育児書などには綴られており不安もあったので、先生に相談できたのは良かったです。

1日の長い時間を過ごす大切な場所になるので、少しでも疑問に感じたり懸念点などはウヤムヤにせず早めに解消するのが精神衛生的にも良いはず。

 

 

実際に、得られた回答を受けて家庭でするべきことが明確になり自分で納得できた安心感は大きいです。

 

 

 

疑問全てが解消できた訳ではないですが我が家では、

 

 

○英語を覚えなきゃいけない/覚えさせなきゃいけない、のような義務感が芽生えてしまうとマイナスに作用しそうなので意識的に「楽しむ」ようにする

 

 ○脳育の1つとして捉え、親しんだり楽しんでいくうちに自然と体得してくれるように親側が働きかける

 

○図書館から絵本を毎週10冊程度借りている習慣を続ける(継続はチカラなり)

 

 

の3つを最小限の守りごとにしてみました。

まだまだ始まったばかりですので、何年か経たいつの日にか良い結果をお知らせできればいいなぁ...。

 

 

 

 

語彙力がグングン伸びる幼少期に家庭でできること

f:id:sawamama:20170817233537j:plain

先ほどは私の疑問に対して先生から回答を頂いたのですが、他にも、「赤ちゃんが言葉を体得していくのと同じように英語もシャワーのように何度も繰り返して語り掛けていくことが大事なのだ」ということも伺いました。

 

たしかにおっしゃるとおり、だと納得です。

でも、ただ繰り返して語り掛けていても効果は薄く、「イヤイヤ反抗期な2歳~3歳くらいの子どもの心をガシっと掴んでいること」が重要とも感じている今日この頃です。

 

 

少し話がそれてしまうのですが。。

 

転勤族な我が家は意図せずして、転勤先の土地で入れる保育園を探している中で今の英語保育園に出会い、見学して園の方針や先生方の明るい雰囲気に惹かれて、結果として娘を通わせるという選択肢を選んだ感じです。

 

どちらかと言うと、「英語」ありきではなく、保育園カリキュラム内容などに惹かれその延長線上で英語も学べるのであれば尚さら良い、といった具合。

 

そんな淡い期待などで始まった園生活でしたけれども、今では無事に馴染んで楽しめているようです。

これまでの様子を振返ってみると、保育園の先生方の中には肌の色も雰囲気もママの私とは少し異なるネィティブの先生もいらっしゃるので、始めはコワゴワだったものの自然と興味を持ち、話してみたい!という意欲もすこーしずつ芽生えてもきた成長も感じられます。

 

おそらくは、この「自然と話してみたい、英語を使ってみたい」という子どもへの動機づけが一番難しくて、でも、とても大事なところ、だと感じている部分です。

 

もしも今の保育園へ通わせていなかった場合を想像すると、今のように娘と一緒になって英語に親しんだり学んだりするスタイルは出来上がっていなかっただろうなと思われます。あくまでも我が家の場合は、ですけれども。

 

ですが、通学・通園せずとも自宅で英語に親しめるための市販ツールなどは充実しているので、英語スキルに自信をお持ちな方は上手く活用できればいいですよね。

お手頃なものでいえば、ベネッセの「こどもちゃれんじEnglish!」などがあったり、ネットで参加できる幼児向けの英語教室などもあったりもします。

 

子どもがしまじろうに強い興味を持ってくれて楽しめるのであれば、こどもチャレンジでも良いですし、あるいは、自宅ではなく環境がガラリと変わって気分転換にもなるミニスクールなどの外部講師の先生との触れ合う方が集中力を高めてくれるようであれば習い事などから始める形でもいいと思います。

 

 

要は「英語」に関心を持つキッカケや動機付けが大事であって、そこが上手くハマると自然と数字や曜日、動物や乗り物、食べ物などを日本語から英語に置き換えて覚えてみたり、自分で話してみたりする次のステップに繋がり易いのではないかな、と娘を見ていると感じます。

(って偉そうに聞こえたら恐縮なのですが、個人的な考えとしては上記がすべてです)

 

 

まだまだ始まったばかりの娘と私ですので、次のステップ、そのまた次のステップ、、と次々と課題などは出てくるのだと思うのですが、家庭でできることとして「子どもへの動機付け」の部分はこれからも大事にしていきたいものです。

 

 

 

 

楽しむことを繰り返す・飽きずに楽しめる雰囲気作り

「好きこそモノの上手なれ」という言葉があるように、好きなモノごとを楽しんでいるうちにメキメキと腕を上げたり上手になったりしますよね。

 

 

その原理と全く同じとまでは言いませんが、先日、保育園の見学会にて娘やお友だちのカリキュラム風景を覗いた際には「英語に親しむ・楽しむスタイル」で成り立ってるんだなと感じました。ネィティブの先生と一緒に歌ったり、踊ったり、サークルになってゲームをしたり、と様々。

ちょっと娘がうらやましくも感じました、笑。

 

というのも、私自身の学生時代を振り返ると、楽しい英語の時間などの記憶ではなく、机上で単語帳を丸暗記したり面白くも無いリスニングテープをひたすら聞き込んだり、とった具合だったので。でも、よくよく調べると面白い英会話テレビ番組やラジオ番組などもあるので、当時の私が面白い学習ツールを活用できてなかっただけかもしれませんけれどもね。

 

 

話を戻しまして、楽しみながら繰り返し繰り返し英語を染み込ませていく、といった作業も大事なようです。

 

例えば「I(アイ=私)」という単語を体得するまでにも、「I」をテーマにしたミニ絵本を使ってアルファベット文字自体を認識させながら音読したり簡単なフレーズ(I play. I likeなど)を使うなどを短時間でもいいので日々何度もなんども繰り返すことで体得できていくようです。 

 

ミニ絵本は2週間ごとに次のフレーズにステップアップするので終われば自宅に持ち帰るのですが、先生の真似して娘と一緒に音読しています。

自宅では「ママはお友だちね、サワたんが先生なのよ」と、私が生徒役で娘が先生役になってます、笑。

 

 

でも、3歳児くらいの子どもに対して飽きさせずに同じことを何度も繰り返させる、というのは実はとても難しいこと。

園の先生方を見習って、歌ったり音楽と一緒に踊ったり、声色を変えて音読をしてみたり、クイズ形式にしてみたり、と少し工夫をしながら親子で楽しむスタイルを続けていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

幼児の英語・家庭学習に役立つアイテムグッズ

先日の記事(3歳の成長発達記録 ひらがな・英語の学習記録と育児の悩み)でも一部ご紹介しましたが、今回はペーパーアイテムを中心にお役立ちアイテムをご紹介します。
 
 
 
■super simple songs
スーパー シンプル ソングス DVD 1 【子ども英語】  Super Simple Songs DVD Video Collection Vol. 1

スーパー シンプル ソングス DVD 1 【子ども英語】 Super Simple Songs DVD Video Collection Vol. 1

 

 幼少期から英語学習を始められるご家庭では割とメジャーなアイテムのSuperSimpleSongsのDVDセットです。CD単体のものもありますが、アニメーション付きのDVDだとより楽しめます。

 

 

 

スーパー シンプル ソングス・クリスマス DVD Super Simple Songs - Christmas DVD

スーパー シンプル ソングス・クリスマス DVD Super Simple Songs - Christmas DVD

 

クリスマスバージョンやハロウィンバージョン、アニマルバージョンなど幾つかパターンがあるので、You Tubeでも沢山の無料動画などが観られるのでお子さんの好みにあうか試してからがおすすめです~☆

 

 

 

 

 
■Sight Words

 

Sight Word Readers: Learning the First 50 Sight Words is a Snap!

Sight Word Readers: Leaning the First 50 Sight Words is a Snap!

 

 「覚えるべき重要な単語」という意味合いのSightWordsを簡単なミニ冊子絵本にしたペーパーブックシリーズです。通っている保育園で使うペーパーブックとは異なるシリーズですが、可愛らしいので数冊だけ持っています。 ちゃんとオチがあったりクスリと笑えるコネタが含まれているのが海外版絵本、といった具合です。

英語の絵本よりもとっかかり易く、飽き難い短編集なのでファーストアイテムにおすすめです。

 

 

 

 

■ Phonicsの本・歌

 

Jolly Songs (book and CD): in Precursive Letters (BE) (Book & CD)

Jolly Songs (book and CD): in Precursive Letters (BE) (Book & CD)

 

悲しいかな、私は英語の発音がサッパリダメなので、上記のSuperSimpleSongsの歌などを聴きながら娘と一緒に耳を鍛えています。

フォニックスの歌とCDは一つの単語を関連する単語を繋げた短い有名な童謡などの歌で楽しく覚えられるのでおすすめです。(例を挙げてみると「B」であれば「Busy Bee buys blueberries and bananas...」など「B」を絡めた単語を繋げて歌になっています)

 

 

 

 ■アルファベット表

 

アルファベット くもんの学習ポスター ([教育用品])

アルファベット くもんの学習ポスター ([教育用品])

 

くもんの学習ポスターシリーズは、ひらがな・世界地図も持っています。壁に貼りつけて、指でなぞらえたりシールをペタペタ貼ってデフォルメしたりと割と自由に使えているのでお気に入りです。 

 

 

 

■娘用に今後買い揃えたいもの■ 

 

Reading Adventures Sofia the First Level Pre-1 Boxed SetReading Adventures Sofia the First Level Pre-1 Boxed Set
  • 作者: Disney Book Group,Thea Feldman,Disney Storybook Art Team
  • 出版社/メーカー: Disney Press
  • 発売日: 2014/11/04
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

最近、ソフィアをテレビで見始めてからハマりだしている娘です。

ペーパーブックで割とお手頃ですし、シールもセットになっているので今後購入しようかと検討中です。同じくソフィア好きなお子様がいらっしゃればぜひ~☆

 

 

 

  

 

 

  

まとめ

 f:id:sawamama:20170816230913j:plain

我が家での英語学習記録と関わり方、おすすめグッズのお話でした。

まだ半年も経たずと日が浅いのですが、初めはどうなる?!と気を揉んだのもどこへやら、英語保育園へ通い出してウマイこと生活の一部に溶け込みつつあるようです。

 

いつの日かと親子で英語検定(私はTOEIC、娘はJr英語検定など)を受けられればいいなぁ〜など淡く考えてます。その前に私自身のスキルを伸ばさねば。前回のTOEICスコアは残念な結果だったのでね…(T_T)

 

次回はよく使う幼児英語やフレーズなどについてお届け予定です。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

今日も一日本当におつかれさまでした。