【作り置きおかずのリメイク・幼児食ストック】 手抜きなおかず6品とリメイク方法4つ

今回は「楽に済ませたい・手抜きしたい時に作る定番な作り置きおかず」のお話です。

家族の胃袋を守るママにとっては、疲れた時にもお腹を空かせて待つ家族のためにご飯を用意せねばなりません。でも、どうしても気分が乗らない時ってありますよね。

手抜きしたい気分の時に1時間半ほどで作る定番な作り置きおかず6品とリメイク方法4つをご紹介します。栄養価も考えつつ、手抜きだけど家族が喜ぶものばかりです。

 

 

 

手抜きしたい時に作るおかず6品と簡単なリメイク方法4つ

f:id:sawamama:20170620113610j:image
今夜は手抜きで済ませたい・・・、自分のご飯であればフリカケご飯で済ませれるけど娘と主人の分はどうしよう。。の日もありますよね。

 

 

自宅で食べるお夕飯を励みに残業も頑張りクタクタ―になって帰宅する主人です。お酒も飲まないので滅多に寄り道することなく直帰してきます。そこへ「手抜きだなぁ」なお夕飯だと寂しいですよね。

手を抜いて楽をしつつも、ザ・手抜き飯!に見えないようなお夕飯にやりくりしているので、リメイク・アレンジ方法4つとあわせてご紹介します。

 

 

 

手抜きしたい時に作るおかず6品

f:id:sawamama:20170618122707j:image

今週末の作り置きおかず6品です。彩り無視な茶色いおかず~・・・(^^;)

 

<ごはんもの>

・ツナ缶と野菜の炊き込みピラフ

 

<主菜>

具沢山野菜と鶏肉のキーマカレー

・ポテト春巻き

・マカロニ入りジャガイモチーズグラタン

鮭の塩焼き

 

<副菜>

五目ヒジキ煮

 

 

炊き込みピラフ、鮭の塩焼き、キーマカレー、五目ヒジキの4つは、いつも多めに作って他の料理にもリメイク、アレンジしています。娘のお弁当と幼児食ストックと合わせて一度に作れるので時短にもなります☆

 

 

 

 

手軽な作り置きおかず・幼児食ストックの作り方

f:id:sawamama:20170618122639j:image

我が家の定番、自分のオハコ料理で何度も作っているのでスルスルと手が動くのが気持ちいです、笑。2歳の娘からの可愛い遊んで攻撃を受けつつも「バンバン、がしがし作っていくぞー!」な気合いで乗り切れます。

 

 

 

 

そろえるもの・使った食材

f:id:sawamama:20170618122702j:image

具沢山野菜のキーマカレーは冷蔵庫・冷凍庫にある食材の大掃除も兼ねており、目新しい食材などは使っていません。お好みで調整くださいね。

 

 

<野菜・豆類>

・ジャガイモ、人参、玉ねぎ、ブナシメジ、茄子、カボチャ、エリンギ、大豆(水煮)、枝豆、コーン、グリーンピース

 

<肉・魚類>

・鶏胸肉挽肉、豚こま肉(少量)、ノンオイルツナ缶、鮭、ハム

 

<乳製品>

・チーズ、牛乳、

 

<乾物・調味料>

・芽ひじき、カレールー、春巻きの皮、マカロニ

 

 

玉ねぎと人参は6品中5品に入れるので2袋を使い切りました。調理を始める前に食材の下拵えとして、玉ねぎ中くらい6玉は全て微塵切り、人参は中くらい5本分を微塵切り、1本を千切りにしておき、それぞれの料理に使い分けていくとスムーズに作れます。

 

 

 

 

具沢山野菜と鶏胸肉のキーマカレーの作り方

f:id:sawamama:20170618122712j:image

娘用の離乳食・幼児食レシピなどでも度々登場している、野菜たっぷりなキーマカレーです。冷蔵庫・冷凍庫にある余った食材や半端なものなどをバランスを考えつつ入れて作っています。

 

作り方はとても簡単で、フードプロセッサーを使って玉ねぎ・人参・ジャガイモ・キノコ類を微塵切りにして鶏胸挽肉と一緒に炒め煮にしてルーを入れて少し煮込めば出来上がります。普通のカレーに比べてカレールーを半量に減らし、小麦粉とコンソメ、ケチャップで味を調えるのでカロリーも低くヘルシーです。

カレーのように煮込む必要がなく、野菜9割に対して肉1割で野菜をたっぷりとれるし、野菜の旨みを感じれて甘く美味しいです。甘みがでておすすめなのは、大豆の水煮とコーン、ひよこ豆です。

 

 

f:id:ryamamama:20151216124414j:plain

娘がまだ小さく離乳食を与えていた頃はトマトジュース缶やトマト缶をベースにして作っていましたが、最近は幼児食になり、市販のカレールーを使って手軽に済ませることが多くなりました。

【離乳食】 おしゃれで便利☆「レコルトのカプセルカッター」でアレンジ自在な万能ストック作り - まますてっぷ。いちにのさん。

 

 

 

f:id:sawamama:20170618122750j:image

こちらは娘用の分です。娘の分はまだ取り分けて、永谷園の子ども用カレーパウダーで味付けしています。大人用はハウス食品のバーモントカレールー(甘口)ですが、試しに娘にも与えたところ、美味しい~と食べれていました。塩分は気になりますが、キーマカレーであれば大人と同じルーでもいいのかもしれませんね。 

 

 

 

 

ジャガイモチーズグラタン(グリル焼き)

f:id:sawamama:20170618122717j:image

当ブログで度々登場しております、ジャガイモを使ったグリル焼きメニューです、汗。グリルにお任せで出来上がるので、作り置きおかずにグリル焼きメニューは欠かせません。

今回はママーの茹で時間4分の早茹でマカロニを使い、ジャガイモマカロニグラタンにしました。

 

  

f:id:sawamama:20170619222549j:plain

下ごしらえで大量に作っていた微塵切りの玉ねぎ・人参と、千切りジャガイモをレンジで5分加熱して火を通しておきます。マカロニも耐熱ボールに水、塩を入れてレンジで加熱して茹でておき、先ほどの野菜とハムを和えて、牛乳・塩コショウ・卵・ピザ用チーズで味を調えます。最後にとろけるチーズを割いて乗せて280℃グリルで10分ほど焼けば出来上がりです。

 

 

 

 

五目ヒジキ煮

f:id:sawamama:20170618122721j:image

柔らかく味がシュンでいる芽ヒジキの煮物と切干大根の煮物が好きで沢山食べたいので多めに作ります。

芽ひじきとアオサノリを買うためだけに築地市場の乾物屋さんへおもむき、大量パックを2袋購入してストックしています。 保存状態がよければ1年間は日持ちますし、煮物以外にも炊き込みご飯やフリカケにも出来るのでおすすめな乾物食材です。 

 

五目ヒジキ煮の「五目」はご家庭で様々だと思いますが、我が家ではいつも乾燥芽ひじき40gに対して、大豆水煮、油揚げ、千切りした人参と薄切りの豚コマ肉、枝豆、角切りジャガイモをヒジキと大体半々になるくらいたっぷり入れています。具材を入れ過ぎて五目じゃないですけど、笑。

 

 

 

 

ポテト春巻き

f:id:sawamama:20170618122654j:image

娘のお弁当おかずストック記事(【2歳のお弁当献立・レシピ】 作り置きおかずを詰めるだけ☆お弁当献立9例)でもご紹介したポテト春巻きです。便利なので飽きない程度に中身を変えて冷凍ストックしています。

 

 

f:id:sawamama:20170619222602j:plain

今回はレンジで加熱したジャガイモを粗く潰して、微塵切りの玉ねぎ、人参とコーン、グリーンピース、ハム、チーズに塩コショウで味を調えた中身です。

 

 

f:id:sawamama:20170617193030j:image

なお、この中身が少し余ったので耐熱オーブン皿に敷いて少し焦げ目をつくまで焼いたものをスプーンですくいシリコンカップに入れて娘用のお弁当おかずにしました。

 

 

 

ツナ缶の炊き込みピラフ(炊飯器にお任せ)

f:id:sawamama:20170620100958j:plain

冷凍シーフードミックスを使った炊飯器にお任せの即席ピラフも良く作りますが、ノンオイルツナ缶を使うことも多いです。具材は微塵切りにした玉ねぎ、人参、コーンを入れて、コンソメ2粒と一緒に炊き込みご飯モードで炊くだけです。

サバ缶の炊き込みご飯も便利ですし、缶詰でササットできる炊き込みご飯はありがたいですね。

 

 

 

 

 

手抜き作り置きおかずの簡単リメイク方法4つ

f:id:sawamama:20170619113457j:plain

作り置きおかずを使って簡単にできるリメイク方法4つをご紹介します。

 

 

リメイク①五目ヒジキ煮入りの卵焼き

f:id:sawamama:20170618122532j:plain

おすすめリメイク1つ目は、具沢山な卵焼きにする方法です。

ヒジキ煮に限らず、よく具沢山な卵焼きにリメイク、アレンジしています。

煮汁を切った状態で卵2つと混ぜて、油を引いた卵焼き用のフライパンで焼き上げるだけです。煮物の甘みで焦げやすいので弱火で焼き、最後は余熱で中に火を通すのが綺麗に焼けるコツです。黒く色づきアレではありますが、味はとても美味しいですよ~

 

 

 

リメイク②五目ヒジキ煮の混ぜ込みおむすび

f:id:sawamama:20170620074733j:plain

リメイク2つ目は、煮汁を切ったものを温かいごはんに混ぜて混ぜ込みおむすびにする方法です。こちらも我が家では定番です。追加の味付けは無しで、食感と風味を良くするために白ごまを足しています。

おむすびにしたり、ちらし寿司風に平皿に盛り錦糸卵を飾ることもあります。直ぐに出来て美味しい一品です~。

 

 

 

リメイク③焼き鮭をほぐした鮭おむすび

f:id:sawamama:20170618122732j:plain

リメイク3つ目は鮭おむすびにする方法です。

鮭をグリルで多めに焼いておき、1尾はラップにくるんでおむすび用に取っておきます。使う時に温かいご飯にほぐした身を入れて混ぜ込むだけです。

 

 

f:id:sawamama:20170619121706j:plain

お手頃なのもあり鮭を使うことが多いのですが、生の状態だと皮と骨の処理が大変ですが焼いたものは骨と身が剥がれやすいので楽に済みます。青しそがあれば彩りも風味もいいのですが、残念。なかったので白ごまだけを振り入れて出来上がりです。

ちらし寿司風にしても良いですし、永谷園のお吸い物の素と卵を使った即席茶碗蒸しと冷奴、豚薄切り肉を湯掻いた茹で豚などを添えた手抜きご飯がすぐに仕上がります☆

 

 

 

リメイク④焼きカレードリア

f:id:sawamama:20170620091635j:plain

リメイク4つ目はキーマカレーを焼きカレードリアにする方法です。

カレーのリメイク法として定番ですよね。他にはカレーピラフにすることもありますが、ドリアのほうが洗い物が少なく見栄えもするのでドリアをおすすめしました。

温かいご飯にマヨネーズ少し、ニンニクチューブ極少量、塩コショウを振りいれて混ぜたものを耐熱皿に敷き、キーマカレーを乗せてチーズ、卵を乗っけてグリルで焼けば出来上がります。今回は卵を焼き過ぎてしまいました~・・・

 

 

 

 

 

本日のいただきます。我が家のごはん

f:id:sawamama:20170618122644j:image

 

f:id:sawamama:20170618122641j:plain

作り置きと市販品などを盛り合わせた、楽チンな主人のごはんです。キーマカレー、大豆、ワカメスープ、卵焼きなどの3種盛りでした。

 

 

f:id:sawamama:20170618122535j:plain

3種盛りの五目ヒジキ煮の卵焼きは作りましたが、他2つは枝豆てんぷらと野菜てんぷらを切ってお皿にのせただけです。でも美味しいのですよ~。

 


f:id:sawamama:20170618122648j:image

こちらは娘のごはんです。炊き込みピラフ、キーマカレー、鶏団子スープ、大豆、メロンでした。「わぁ~美味しい~」を連呼しておりましたよ。

本日もどうもごちそうさまでした(*^^*)

 

 

 

 

まとめ

手軽に済ませたい時の定番作り置きおかずとリメイク法をご紹介しました。困ったときにサッと作れるメニューがあると気分的に楽ですよね。

何度も繰り返して作ってきたメニューではありますが、栄養価もよく美味しいので懲りずに今後も手抜きで済ませたい時に作る予定です。

みなさんのご家庭でも鉄板な手抜きメニューなどありますか☆

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

今日も一日本当におつかれさまでした。