【トイレトレーニング5日間】 トレーニングパンツはいらないよ!2歳8カ月の記録・便利グッズ6点

今回は「2歳8カ月の娘との実質5日間でトイレトレーニング完了するまでの記録、おすすめグッズ6点」のお話です。

 

1年前頃に補助便座を購入したのですが、娘が1歳代では敢え無く挫折し、遅ればせながら、2歳8カ月になって「今年こそは!」と本気を出したところ、実質5日間でオムツが外れました。

もしかすると今後新たにオネショ問題などもでてくるかもしれませんが、、、(((^^;)

 

オムツが外れるまでの記録と試した事、トレーニングパンツを使わずに揃えて役立ったもの6点などをまとめます。

お子さんのトイレトレーニングでお悩みの方へお役立ちできればうれしいです。

 

 

 

2歳8カ月児のトイレトレーニング5日間の記録

f:id:sawamama:20170614152630j:plain

ちょうど1年前の娘が1歳8カ月頃にもゆるーくトイレトレーニングにチャレンジしてみました。

ですが、オムツを外さなくちゃいけない危機感のようなものがなく、「まだ良いかなぁ。オムツが取れればラッキー」な具合でした。結果的に補助便座に一度か、二度ほど座った後はイヤー!の一点張りな娘に敢え無く挫折した次第です。

 

そして、今年の夏はプレ幼稚園にも通いだした事もあり多少の焦りが出始めました。ようやく、親側のエンジンがかかった感じです。

実際にトイトレ5日間は(汚い話で恐縮ですが)部屋中がオシッコまみれになり悲惨な状態になりましたが「娘も頑張ってる!一緒にオムツを外すぞ」という意気込みで乗り切りました。 

お喋りが上達し意思疏通もできる2歳8ヶ月児には「やる気スイッチ」が入れば、親も驚くほどに短期間でオムツが外れるようです。

 

 

少し補足をしますと。 

変なプレッシャーを与えてしまうと、イヤイヤ期で自我やコダワリが強い時期な娘にはかえってトイトレが難航しそうだったので、親の気合いは充分でも、部屋中に漏らしてしまう娘に対しては「間に合わなかったね、惜しかったね。でも、がんばってるよエライエライ」と笑顔で言い続けました。

 

では、そんな娘とのトイトレ事情をご紹介します。

 

 

 

トイレトレーニング前後の状態:懸念事項3つ

f:id:sawamama:20170615102359j:plain

本題に入る前に、娘のトイトレ前後の状態についてです。育児書などにもオムツ外れの目安やトイトレに適した時期、子どもの状態などが書いてありますよね。娘のトイトレを始める前に懸念事項が3つありました。

 

 

オムツ外しの目安として一般的には、

・自分の足で歩いてトイレに行ける

・「トイレに行きたい」といえるような意思疎通を図れる

・オシッコの間隔が2~3時間あいている

 

の3つが主な目安とされています。

 

 

ですが、娘の場合は明らかに3つ目の「オシッコ間隔が2~3時間あいている」に該当していませんでした。

オムツを替えて30分もすれば濡れているのが普通で、酷い時はオムツを替えた直後でもう出てましたし、実際にトイトレ1日目、2日目は早いと15分間隔で漏れていました。私自身、こりゃ無理かもなー・・・と思っていたほどです。

 

でもトイトレ完了してからは徐々に間隔が延びているので、尿意を感じるまでもなくダダ漏れしていたのが、「漏らすと自分が汚れてイヤ」だという程よい緊張感を持てたことで、尿意を感じて用を足す、ということを学習できたのだと思います。

(娘は2歳8カ月なのですが、年齢によって膀胱の発達の個人差もあるので一概にはいえないのですが)育児書通りではなくともオムツ外しはできますよ~

 

 

 

また、トイトレを始める前に懸念していた2つ目は「オシッコでる~。オシッコでた~」と自分からは発してくれなかったことです。

音で用を足していることがわかるので、「今、オシッコした?今度はオシッコする前に教えてね」と何度促してみるものの、結局は一度も言ってくれないままにトイトレを決行しました。

 

先ほどの「間隔があかない」ことと共通するのですが、本当に尿意を感じないままにダダ漏れしてしまっているのか、もしくは、ただ嫌がって「オシッコでる~」と言ってくれないのかは娘本人ではないので分かりません。もしかするとどちらもかも。

ですが、いざ漏らした時にすかさず「尿意を感じる時はモゾモゾするんだよ~」と言い続けたところ、トイトレ3日目で尿意を感じてトイレに泣きながら行くことができました。

ですので、トイトレ前に尿意を感じたことを言葉で伝えられない場合でも、漏らした直後で不快感を感じたり自分の脚が濡れていることを体感することで、すぐ学習できると思います。

 

 

最後の懸念事項は、ウンチのポーズと便秘予防です。

トイトレ前はどんなに言い聞かせても頑なに、私にガシっと掴って立った直立姿勢でないと用を足せませんでした。これは便秘に悩みだした頃から始まったウンチポーズです。しゃがむ姿勢を教えても断固拒否で1年以上、この直立姿勢で用を足しています。

実際にトイトレでの関門は、ウンチとも聞きますし、無理強いすると出ずに便秘に繋がってしまいます。

 

トイトレを終えた今もトイレでウンチをするときは、便座に座り私の肩などに掴ってでないと不安なようです。ここは今後の課題です。

 

が、お子さんの便秘でお悩みの方へ朗報もあります☆

以前の立った直立姿勢に比べて、便座で用を足せるようになってからはそこまで力まずに出るようになりました! 便座に座ることで肛門が開くので自然と出やすくなるようです。便秘でお悩みの方は、用を足す時のお子さんの体勢を見直されるといいかもしれません。

 

 

 

 

 

トレーニングパンツはいらないよ!便利グッズ6点

トイトレ用に揃えたもの・効果があったものと、不要だったものをご紹介します。

 

・コンビ ベビーレーベル補助便座(オマル無し)

・アガツマ アンパンマンおまる・補助便座5WAYタイプ

・コットン性の普通のパンツ 6枚

・トレパンマンのシール台紙(ネットからダウンロード)

・キシリトールタブレット(ご褒美用)1袋

・東京ハイジの「うんとでろウンチ」の歌

・ノンタン「おしっこしーしー」絵本

 

 

補助便座を2つも揃えてしまいましたが、オススメはアンパンマンのタイプです。コンビは結局ほぼ使わずじまい。

 

特にアガツマのアンパンマン補助便座5WAYタイプ・普通のパンツ・ご褒美のキシリトールタブレットの3つが娘には効果がありました。なお、よくおススメされているトレーニングパンツは使っていません

かかった費用は、アンパンマンおまるがネットで約5千円、パンツ6枚で約2500円、タブレット約400円、絵本650円とあわせると約9000円で紙オムツにかかる費用2ヶ月分くらいですね。パンツはその後普通に使えて無駄になりませんし、アンパンマンおまるは踏み台として利用しています。

 

 

 

アンパンマンのおまる・補助便座5WAYタイプ

f:id:sawamama:20170614123031j:plain

コンビの補助便座単体を1歳代で購入したのですが見事に撃沈したのと、前述のとおり、ウンチポーズで私に掴ってでしか用を足せなかったので、追加で2歳なり立ての頃に購入した結果、大正解でした。

 

機能的には、補助便座の取っ手部分が写真のように取り外しもでき、3つのボタンが付いています。アンパンマンマーチなどのメロディが流れる、用を足した後で水を流す流水音とアンパンマンが盛大に褒めてくれる(ココが重要!)、アンパンマンが「えらい、えらい!」と勇気づけてくれる、という3つの音声機能ですが、想像以上に娘にヒットしました。

 

「アンパンマンに会いに行こう♪」とすることで嫌がりつつも割とスムーズに誘導できたのと、オシッコが出るまでの待ち時間も音声で遊ぶことで何とか便座に座って貰えたのが便利でした。

 

また、2歳になってからのオマル購入はかなり躊躇しましたが、トイレに誘導するのが難しかったので、リビングにアンパンマンオマルを置きテレビを観ながら座らせることが出来たのは便利でした。

オマルからトイレの補助便座にステップアップするのが難しいかも・・と懸念していましたが、アッサリと「ママと一緒のトイレが良い!」と娘自らがトイレを志願しました。

 

 

 

 

トレーニングパンツは要らないよ。コットン性のかわいいパンツ

f:id:sawamama:20170613192333j:plain

トレパンは揃えませんでした。トイトレ期間中の短期間しか使いませんし、分厚くて乾くのに時間がかかり衛生的に不安だったのと、トレパンでも漏れる時は漏れると先輩ママに聞いていたからです。

 

普通のパンツではなく「可愛いから汚したくない」な乙女心を狙って、可愛いコットン性のパンツを娘と一緒に選びに行き、娘自らが欲しがったパンツを購入しました。本当に気に入っていて、可愛い可愛い!とテンションが上がりまくりでした。

トイトレ1日目、2日目はそれこそダダ漏れですぐに取り換えていましたが、ダダ漏れして不快感を感じて貰いたかったので、むしろ良かったです。

 

トレパンを使わないと掃除と洗濯が本当に大変で親側にとっては苦労が増えますが、本人にお気に入りのパンツを選んでもらうことと、敢えてダダ漏れで不快感を体感させることで、結局は早くオムツ外しができると思います。

 

 

 

ダウンロードフリーのご褒美シール台紙

f:id:sawamama:20170614123024j:plain

シール貼りが好きなお子さんだと、ご褒美シール作戦はヒットするかもしれません。娘もシール貼りが好きなので、我が家ではご褒美というよりもトイレに入ったら自由に貼らせていました。 

貼るだけだとすぐに無くなりますし、ネットから無料でダウンロードして印刷して娘の気の済むまで自由に使い放題にして「トイレは楽しい時間」を演出しました。トレパンマンのシール台紙はミニーちゃん・トイストーリーの可愛いモノが揃っていますのでおすすめです。

 

www.unicharm.co.jp

 

 

 

東京ハイジの歌

歌が大好きな娘です。トイレへ行くことやトイレで過ごす時間を楽しくするために、トイレの歌や動画を二人で観ました。その中で一番覚えやすくてかわいかったのがこれです↓ 東京ハイジさんの歌はどれも良く出来ていて、親子で見入ってしまいます。

 


うんとでろうんち《東京ハイジ》

 

 

 

 

ノンタン「おしっこしーしー」絵本

歌も大好きですが、絵本も好きで特にノンタンが大好きです。絵本もアニメもよく観ていてセリフをよく真似しています。

トイトレ用の絵本を図書館や書店で何冊も読んでいますが、こちらの絵本が一番のお気に入りで丸暗記しています。赤ちゃん向けですが、「しーしーしー、なんのおと?」と聞きながらみんなで順番にトイレをしていく内容です。絵本の最後にある「これ、ノンタンのおしっこでーす」というセリフをよく真似しています。

ノンタン好きなお子さんにはトイトレを勇気づけられる一冊になると思います。

 

 

 

 

ご褒美のキシリトールタブレット

歯磨き、仕上げ磨きでも使っているご褒美のキシリトールタブレットです。トイレに行き、用を足せたときなどにご褒美として与えていました。

日に何度もトイレに行くので、その度に与えると癖になるかも・・と気になりましたが、1個を半分に割り与えていました。

結果として今もウンチを頑張って出した時などは与えていますが、本人は遊びに夢中なのでトイレで用を足したらすぐ遊びに戻る、という感じで、自ら催促することはあまりありません。なお、最近の娘はコンビのイチゴ味が一番好みのようです~。

 

 

 

 

2歳8カ月児のトイレトレーニング5日間の記録(詳細)

f:id:sawamama:20170615102352j:plain

備忘録も兼ねた娘の5日間のトイトレ記録です。ご興味がある方、お付き合いください。

 

 

5日間で意識したこと、効果があったこと

<家でのトイレトレーニング>

○トイレは楽しい時間。スッキリできる時間と教え込む

○漏らして当然だと考える。部屋中が汚れても、何度漏らしてもイライラしない

○水を普段以上に沢山飲ませて、尿意を感じやすいようにする

○漏らした後で一緒に拭き掃除をお願いする

○無理強いはしない。便座拒否する時はタイミングを変える

○嫌がるウンチの時はお気に入りのヌイグルミでトイレへ促す

○便座に座れたら盛大に褒める。でなくても褒める。とにかく褒める

○トイレ以外でも、ことあるごとに「おねえさんだね~」と褒める

○トイレの電気を付ける、補助便座を置く、水を流す、という普段出来ないことを娘本人にさせる。出来たら褒める

○寝る直前に最後のトイレに行き、朝目覚めてすぐにトイレへ促す(夜のオネショも今のところありません)

 

 

 

<外出時のトイレトレーニング>

○トイトレ4日目から漏らすことを覚悟でオムツではなく普通のパンツで公園へ外出。昼間はパンツのみ。(夜はまだオムツ)

○初めて見る外出先の補助便座では上手く座れなくとも、でなくとも大丈夫と伝える。(実際に一度目は怖がりダメでしたが、二回目からは問題なく出せました)

○外出先でも用を足せた時は、盛大に何度も褒める。

 

 

 

沢山水分を摂らせて漏らしても当然、というスタンスで、ちょっとでも出来たら盛大に褒めて褒めて褒めまくりました。「トイレは嫌じゃない」と理解して貰えた後は、自ら「ママ~、チーしたいよーーー」と小走りして、トイレの電気を付け便座を付け出しています。

 

 

 

トイトレ5日間の記録

◆トイトレ1日目◆

・リビングにオマルを置き、アンパンマンを見せながらオマルに座らせつつ、沢山の水分を摂らせて尿意を感じさせる。テレビに気を取られている間にオマルでのオシッコに成功。

・オマルでの成功で自信が付いたのか、トイレの補助便座に座ってオシッコに初めて成功。

・パンツを履かせてから直ぐに漏らして、パンツの替えがなくなった後はオムツで過ごして終了。

 

 

◆トイトレ2日目◆

・「ママと同じトイレが良い」とのことでリビングのオマルを撤去。(アンパンマンの踏み台ステップはオモチャ代わりに)

・トイレにスマホを持込み、東京ハイジの歌、ノンタンの「おしっこしーしー」動画を見せたりして、オシッコ成功回数を重ねる(この日は3回)

・まだ、自分からトイレに行くとは言わない(気付かない感じ)。漏らして、替えのパンツが無くなった後はオムツで過ごして終了。

 

 

◆トイトレ3日目◆

・何度も嫌がってトイレを往復しつつも、初めてウンチに成功。

・ダダ漏れ状態だったのから、モジモジしだして漏らしてしまうのに変化。

・トイレへ行くのを嫌がりつつも、前日よりも拒否反応が薄まった。

 

 

◆トイトレ4日目◆

・私の脚に盛大にオシッコがかかったのが相当なショックだったようで、それを機に娘自ら「トイレにいくー」と半泣きで向かうように変化。

・15回以上(回数数えれてません)はトイレで成功。間隔がまだあかない

・公園へ行き、その後で近くのスーパーでも二回目で成功。

 

 

◆トイトレ5日目◆

・朝起きた時にオムツが濡れていなかった

・タイミングが良い時は自らスムーズに「チーしたいよ~」と行ける

・嫌がりつつもウンチにも成功。

・外出先でもスムーズに用を足せる

・トイレの間隔が少し延びた

 

 

実質5日間で娘のトイトレは終わり、オムツは無事に外れました。ウンチはまだ嫌がりつつですが、夜のお漏らしなどもあまり無く今のところは順調のようです。

娘、よく頑張りました(*^^*)

 

 

補足:トイレトレーニングに夢中なママは腰痛にご注意を!

最後に補足で少し。じつはトイトレ5日間を経て、ぎっくり腰になりかけました。

というのも、一日に何度もトイレに行き、アンパンマンの補助取っ手付きの便座を跨がせるためにかなり上へ持ち上げるので、腰に相当な負担がかかります。便座に一人で座れるようにステップを付けたりもしましたが、うまくまだ一人では座れません。

 

腰の痛みが酷くなったため、便座に座らせる時はアンパンマンの補助取っ手を外した状態で娘を抱えて跨がせてから、アンパンマンの取っ手をカチッと装着しています。用を足して終わってから再度取り外して、娘を抱えて便座から降ろすという具合。(アンパンマン取っ手は娘にとって必需品のようでまだ外させてくれません)

 

 

トイトレのはじめの頃は、親が子どもを抱えて便座に跨がせることになるので、担ぎ上げる高さを低くできるような工夫や補助便座の購入時に確認されることをおすすめします。

もしも腰の痛みを既にお持ちである方は、補助便座の取っ手が無いものか、横についていたり高さが低いタイプ、あるいはアンパンマンの補助便座のように取っ手が取り外せるタイプがおすすめです。

 

 

 

 

まとめ

f:id:sawamama:20170613181131j:plain

娘のトイレトレーニング模様をお伝えしました。

無事にオムツが外せてホッと一安心、嬉しいです。娘はオムツが外れたことで少し自信がついたようです。「わたしはおねえさんだからね~~」といたるところで言っています、笑。

外出時のトイレチェックは欠かせなくなりましたが、お出掛けの持ち物が減りましたし、お尻がボヨヨーンと大きくなっていたのに比べてスカートやパンツを履かせ易くなりました。でもあの丸っこいボヨヨンなお尻も、いかにもな感じで可愛らしくて好きだったのですがね・・・(*^^*)

 

とても長くなりましたが最後までお付き合い頂きありがとうございます。

今日も一日本当におつかれさまでした。

===============

◆おすすめ関連記事◆

【歯磨き・仕上げ磨き】 嫌がる時に試して欲しい「歯磨きセット6点」

【知育】 パズル好きな2歳児「くもんNEWたんぐらむ」で集中力を伸ばす

IKEAトロファストが大活躍☆安心して遊べるリビングレイアウト実例紹介

【便秘対策】 『「すくすく子育て」赤ちゃん・幼児の便秘』放送ポイントまとめ