【2歳のお弁当献立・レシピ】 作り置きおかずを詰めるだけ☆お弁当献立9例

今回は「2歳児のお弁当おかずストックとお弁当献立9例」のお話です。

あらかじめお断りするならば、可愛いキャラクター弁当ではなく素朴なお弁当です。お弁当初心者が手際よく作れるように腕前を磨いている最中でして、栄養価も考えつつ娘が喜ぶものを彩りよくササッと詰めれて出来上がるのが理想です。

大人ごはんのおかずにも使える便利なストック・作り置きの簡単レシピとあわせて、2歳児のお弁当献立例をご紹介します。

お弁当初心者の奮闘を温かい目でご覧いただけると嬉しいです。。(*^^*)

 

 

 

作り置きおかずストックを詰める手軽なお弁当

f:id:sawamama:20170615160405j:plain

お弁当作りを始めるまでは「小さい子のお弁当=キャラ弁の可愛いらしいもの」な図式を勝手に想像していたのですが、キャラ弁でなくとも娘はとても喜んでくれます。お弁当を開けるワクワク感などで食欲が倍増する模様です。

 

実際にはまだ娘は幼稚園などには通っていないので、そもそもお弁当を作らずに自宅で食べたり、外食やパンなどで手軽に済ませることもできるのですが、幼稚園へ通い出した時に困らないように自分で食べる習慣付けのために作っています。それと自分が手早く作れる練習も兼ねてです。

お弁当詰めって思っていた以上に意外と難しくて、まだまだうまくできません。練習あるのみですね~~・・・(TT)

 

 

 

 

セリア・ダイソーの便利グッズ

キャラ弁とまではいかずとも、彩りが足りない時に活躍する可愛いピックやビタミンカラーのカップ、バラン、キャラクターもののゼリーを入れるだけでグッとお弁当箱が華やかになります。セリアやダイソーには可愛らしく便利なものに溢れております。

 

また、お弁当作り初心者にとっては、お弁当箱の色と深さ、大きさにおいて使いやすく相性がいいお弁当箱を選ぶことが重要のようです

背景色が濃い赤や青、緑色などだと白ごはんや茶色いおかずたちが映えずに彩りが悪く映るので、白・薄いピンク、まげわっぱの茶色などが美味しく映えるお弁当箱のようです。

 

2歳8カ月の娘が食べる分量に合わせて選んだお弁当箱の容量は300㏄です。自分用の450㏄のまげわっぱ弁当箱を使って果物・デザートと一緒に詰めたことがあったのですが、変な隙間が空いてしまい断念。

適度にキュッと詰めた方がオカズを詰め易くて持ち歩いた時にずれ難かった300㏄が、今の娘にはちょうど良い感じです。また、同じ容量で深さ違いのお弁当箱も持っていますが、微妙に深すぎると詰めた時に埋もれてしまい見栄えが良くなかったので、買い替えました。

 

 

 

冷凍ストック・作り置きおかずで時短で仕上げるお弁当

f:id:sawamama:20170520193530j:image

お弁当作りを手軽に済ませるには、アレンジし易く、型崩れしにくいもの(ミニグラタンやミートボール、お焼きなどの焼き物、金平などの副菜)を中心にシリコンカップやラップに小分けした冷凍ストックや作り置きが強い味方になってくれます。ストックを詰めるだけなので、お弁当作りも負担に感じません。 

 

 

f:id:sawamama:20170520220944j:image

写真は、先日のお弁当ストック用の作りおきおかず・冷凍ストックです。茶色系が出揃ってしまった地味な見た目ですね~・・・(^^;)

大人ごはん用の作り置きおかずも兼ねて、パンの発酵~焼き上げも同時進行しつつ今回の8品を仕上げるのにかかった時間は大体2時間ほどです。

 

なお、冷凍ストックしたものは2週間程度で使い切っています。組合わせパターンなどをおおよそ決めてお弁当の献立ローテーションを組んでおくと、「明日は何を詰めようかな」と献立に悩むストレスが減ります。 

 

今回はそんな我が家でよく作るストックから、ポテトコロッケの具材をアレンジして手軽に2品作れるお弁当おかずをご紹介します。

 

 

 

ポテトコロッケをアレンジして作る手軽なおかず2品

f:id:sawamama:20170520193643j:image

娘も主人も好物なので、揚げずにグリル焼きで作るヘルシーなスコップコロッケをよく作ります。ジャガイモ、玉ねぎ、人参、コーン、挽肉、チーズなどを入れ込んだコロッケの中身に焦げ目を付けたパン粉を振り掛けて焼き上げるだけのものです。

 

 

f:id:sawamama:20170530090906j:image

揚げないコロッケは、グリルオーブンで焼いたものをシリコンカップに小分けして冷凍しています。

 

 

f:id:sawamama:20170520193637j:image

揚げないコロッケを作る時には、コロッケ用と、ポテト春巻き用、お焼き用の3つ分を作り、耐熱ボールなどに分けてからそれぞれ調理しています。ベースの食材などは同じですが、調理や味付けを変えることで手軽に違うおかずにアレンジできます☆

今回はそんなポテトコロッケの具をさらにアレンジした揚げない春巻きと、簡単お焼きをご紹介します。 

 

 

 

アレンジ自在な揚げないポテト春巻き

f:id:sawamama:20170520193612j:image

春巻きの皮に先ほどのポテトコロッケの具を巻いてフライパンで少ない油で焼き上げるものです。巻いた状態でラップにくるんで使う分だけ解凍して、当日焼いています。娘が大好きなおかずの1つです。

 

 

f:id:sawamama:20170520193630j:image

春巻きの皮に具材を入れてパタンパタンと折り畳んでいきます。中身の具材はアレンジ自在です。例えば、カボチャペーストに替えてもいいですし、苦手な食材などもさりげなく混ぜ込んでも皮で巻いてしまうのでパクリと食べやすいです。

 


f:id:sawamama:20170520193616j:image

今回は追加でチーズを入れました。冷めると固まってしまうので量は少な目です。フライパンで焼く時はオリーブオイルを大匙1~2杯ほど入れて弱火で焼いてます。薄皮で焦げやすいので焼く時はご注意を。


f:id:sawamama:20170520193523j:image

1本ずつラップでくるんでジップロックに入れて冷凍ストックしています。

 

 

 

じゃがいもモチモチお焼き

f:id:sawamama:20170610173124j:plain

過去記事でも度々登場しているお焼きですが、ベースをジャガイモにしたものはよく作っています。先ほどのコロッケの具材に片栗粉を入れて生地を少し固めにしてから、テフロン加工のフライパンへ、スプーンですくって小判型に焼いています。

お焼き系は本当にアレンジ自在ですよね。フードプロセッサーを持っているので、他にもタラや鶏ミンチをペーストにしたものへ微塵切りした野菜を混ぜ込んで、娘用のお弁当おかずストックを作っています~。

 

 

 

作り置きおかずで作る2歳のお弁当献立9例

初心者の奮闘ぶりとあわせて、お弁当献立9例をお届けします。なお、簡単な作り方や過去記事のリンク先もあわせて記載しているので、ご参考ください。

 

 

お焼き系おかず+混ぜ込みおむすび弁当3例<初期の頃>

f:id:sawamama:20170605115134j:image

f:id:sawamama:20170605115131j:image

・納豆チャーハンおむすび

・ジャガイモのカレー風味きんぴら

・ジャガイモのモチモチお焼き

・ブロッコリー、スライスりんご

・(おやつ用)ホットケーキの甘食風、金時豆の白パン、ヨーグルジョイ

 

 

お弁当作りを頑張ろうと意気込みだした初期の頃のものです。詰め方も分からず、ピックも上手く使えていませんね~、汗。おはずかしやー・・・。 

納豆チャーハンおむすびは常備しているおむすびストックから娘のリクエストに応えて詰めました。おむすびストックは軽食代わりにもなるのでとても便利です。

 

また、この日は児童館、図書館などへ長時間出掛ける日だったので、おやつ類は多めに持参しました。

 

 

 

f:id:sawamama:20170607102005j:image

・カレーピラフおむすび

・ヒジキ入りミニ豆腐バーグ

・卵焼き

・金時豆

・枝豆

・(おやつ用)リンゴ、イエローメロン、ゼリー、煮リンゴ巻き、ピルクル

 

 

娘の好物ばかりですけど、まだまだ手馴れてませんね~(^^;)外出時間が長かったのでこの日もおやつを多めに持参してます。

煮リンゴ巻きは、スライスしたリンゴに砂糖を少しかけてレンジで加熱した即席煮リンゴを、春まきの皮で包んで焼いたものです。春巻きの皮は意外と便利な食材です☆

 

 

 

 


f:id:sawamama:20170602121803j:image

f:id:sawamama:20170602121814j:image

・シーフードピラフおむすび

・鶏肉のピカタ

・素麺と具沢山野菜のお焼き

・ブロッコリーと豆サラダ

・スライスリンゴ、ゼリー

・(おやつ用)チチヤスりんご、焼きドーナツのラスク風

 

 

この日の作り置きおかず以外で作ったのはお豆とブロッコリーをマヨネーズと白ごまで和えたサラダでした。よく作ります。シーフードピラフおむすびは、炊飯器にお任せで炊いたものを握って冷凍していたものです。

おやつの焼きドーナツは、ホットケーキミックスをドーナツメーカーで焼いた後に、娘のリクエストに応えて、トースターでカリンカリンにラスク風に焼きました。

 

 


f:id:sawamama:20170521131158j:image


f:id:sawamama:20170521131201j:image
なお、素麺と具沢山野菜のお焼きをたこ焼き器でコロコロボール状にしたものもストックおかずに便利です。バタバタする朝ごはんに与えることも多いです。

この日は、素麺に微塵切りの人参、玉ねぎ、カボチャ、しらす干し、コーンを加えて、かつお節、麺つゆで味を調えました。

アレンジ自在で野菜も沢山摂れるし、ボール型で見た目も可愛くなるのでたこ焼き器をお持ちな方へおすすめです。

 

 



 作り置きおかず+パンなお弁当2例<作り始めて少し経った頃> 

f:id:sawamama:20170606073923j:image

・わかめおむすび

・豚肉の塩煮ハム

・そうめん具沢山お焼き

・コーン入りスクランブルエッグ

・ちくわキュウリ

・ブロッコリー、スライスリンゴ、ゼリー

・(おやつ用)ホットケーキの甘食風、スポロン

 

この日は、ちくわキュウリとコーン入りのスクランブルエッグを新たに作りました。スクランブルエッグは耐熱ボール1つに卵、コーン、牛乳と砂糖少しを入れて500wレンジで温めて作ってます。

 

 


 

f:id:sawamama:20170611123045j:image

 

f:id:sawamama:20170611123043j:image
・とうもろこし入りの白パン

・人参ちくわの金平

・ジャガイモのガレット、レタス

・鶏胸肉と野菜のケチャップ炒め

・卵焼き

・スライスりんご、果物ゼリー

 

 

少し慣れてきた頃からは、自家製パンと合わせることも多くなりました。娘はパンの方がテンションがあがって嬉しがります(*^^*)

なお、この日の作り置き以外で新たに作ったのは卵焼きだけで、他は作り置きおかずを詰めて完成しました。ケチャップ炒めと、ジャガイモのガレットは特に娘のお気に入りです。ガレットはグリルオーブンで焼けばホクホクに出来上がり、水分も出ないのでお弁当おかずにモッテコイです。

 

 

f:id:sawamama:20170520193651j:image

当ブログで度々登場している白まめパンですが、1つずつラップで包んだ後にジップロックで密閉しておくと冷凍保存で約2週間ほどは日持ちがします。

 

 

 

 

サンドイッチお弁当4例

f:id:sawamama:20170614091816j:plain

・白まめパンのカボチャペーストサンド

・豆腐ハンバーグの照り焼き

・人参ツナのしりしり

・ジャガイモのチーズガレット

・枝豆てんぷら

・青りんご、ゼリー、チチヤスりんご

 

作り置きおかず以外で作ったのは、カボチャペーストを挟んだサンドイッチです。娘がハマっており「サンドイッチがいいよー」とリクエストするので、ここ最近のお弁当はサンドイッチが続いてます。

 

 

f:id:sawamama:20170614091822j:plain

こんな具合にちぎりぱんの口が開くように包丁で切込みを入れて、カボチャペーストをたっぷり入れ込んでいます。

 

 

f:id:sawamama:20170614091827j:plain

ペーストはレンジでカボチャやサツマイモを柔らかくするだけで出来上がる簡単なものです。加熱して牛乳と砂糖を少し入れた甘めにしたり、玉ねぎや人参も混ぜてマヨネーズで味を調えるペーストや、サツマイモペーストにしたり、カボチャペーストにカレーパウダーを付け加えたりして、飽きないように味を変えています。

 

 

 

 

f:id:sawamama:20170616082641j:plain

・白まめパンのチーズハムサンド

・タコさんウィンナー

・ちくわキュウリ

・黒豆

・おからとサツマイモのお焼き

・ゼリー、イエローメロン、ヤクルト

 

チーズハムサンドは切ってサンドするだけなので一番簡単ですよね。

おからとサツマイモのお焼きは、グリルで焼いていたサツマイモをフォークで潰して牛乳とおからパウダー、人参、バター少しを混ぜてお焼きにしました。甘みがあるので娘はお替りを連呼しておりましたよ~。

 

 

 

 

f:id:sawamama:20170614091819j:plain

・金時豆入り白まめパンのカボチャペーストサンド

・人参ちくわきんぴら

・鶏肉のピカタ

・ハム、枝豆

・イエローメロン、ヤクルト

 

この日もカボチャペーストサンドですが、金時豆に合うように甘めにしました。お弁当が少なく足りなかったようでして、外出先でオヤツの催促が早かったです。確かに今見返すと少ないですね、反省。

 

 

 

f:id:sawamama:20170616223945j:plain

・野菜パンのスクランブルエッグサンド(カレー風味)

・ミニグラタンカップ

・素麺と具沢山野菜のお焼き

・カニカマ

・ブロッコリー、カボチャ

・サツマイモの塩煮

・リンゴ、チチヤスりんご

 

レンジ500Wでスクランブルエッグのカレー風味を作ってから、ラップに移して熱が冷める前に長四角に成型したものを野菜パンにサンドしました。いつもの卵サンドだと茹で卵を作るのが手間だったので、レンジで即席のスクランブルエッグで代用しました。

 

f:id:sawamama:20170617163935j:plain

この日はとうもろこしの白まめパンにカレーパウダーで風味付けしたスクランブルエッグを挟みました。子どもが大好きなカレー風味に、娘も美味しい美味しいを連呼しておりましたよ。でも、基本通りの甘めで作っても美味しかったです。

 

 

 

まとめ

娘のお弁当作りに奮闘する模様をお届けしました。綺麗に詰めるコツを掴んだり、2歳児が一人で食べ易いようなおかずレシピを増やしたりするには、まだまだ練習あるのみのようです。

 

出掛けない時にも自宅でお弁当を食べる日もあります。「あーー、お腹すいた☆今日はなにかな~♪」と言いながらイソイソと笑顔で蓋を開ける姿は微笑ましいです。嬉しそうにサンドイッチを頬張っている笑顔が私の動力源ですね。

今後も練習を重ねて上達した頃に、まとめ記事をご紹介できればいいなと考えています。

 

とても長くなりましたが最後まで読んで下さりありがとうございます。

今日も一日本当におつかれさまでした。