【3歳4歳向け絵本(3歳5ヶ月)】読み聞かせ記録(第3回) ほのぼの系おすすめ絵本4冊

今回は「3歳5ヶ月になる娘が大好きな絵本の記録(第3回目)」のお話です。

 

思わずクスリっと笑えてホノボノした気持ちになれる絵本を日々、親子で楽しんでおります。週1回児童図書館で10冊程度を借りているのですが、娘の好みに合い喜んでくれそうな絵本に出会えると心の中でガッツポーズしています。

 

なぜならば、ヘトヘトに仕事で疲れ果てた平日夜には「良い絵本」が私の折れそうな心の強い味方になってくれるから、です。

テンション高く激しい遊びをしたがる娘の心を良い具合のテンションに穏やかに落着けてくれて、ゆっくりと一緒にお喋りしながら絵本を読む心地い時間が手に入るのです。

本当に「絵本サマサマ」という具合。

 

そんな親子で一緒に楽しんでいる絵本の読み聞かせ模様と「ほのぼの系おすすめ絵本4冊+α」をご紹介します。

 

 

 

 

1歳~2歳、3歳前半の読み聞かせの記録(振り返り)

f:id:sawamama:20180211150138j:plain

我が家には簡単なペーパーブックなどの大小含めると約140冊程度の絵本があるのですが、以前に比べて購入頻度はグッと減り、最近は専ら図書館から借りるようになりました。

お気に入りの絵本を収集して『自分のもの・娘のもの』にしたい気持ち、いうなれば「いつでも手に触れれる安心感」、も強いのですが、増え続ける娘グッズの収納の場に困り果てているのが現状です。

 

寂しいような気もしますが、お金もかけずに良い絵本に出会えて収納も困らないので一石二鳥として割り切っております。

 

さて、本題の絵本紹介の前に、過去にご紹介した絵本の記録で特に思い入れが強い記事を振返ってみます。

 

 

2歳半頃までに読んだおすすめ絵本の記録(第1回)

はじめにご紹介するのは、年齢別・用途別に30冊を選りすぐってまとめた絵本の記録(第1回目)です。

保育園に通う前のヒキコモリ育児中の頃で、百冊近い絵本をリビング一杯に拡げて絵本棚の整理なども娘と一緒に遊びながらやってました。振返ると、字を認識していない頃から玩具代わりに絵本に触れさせる機会が多かったかもしれません。

 

ちなみに内情を申し上げますと、当時この記事を書き上げるのにかなりの時間を費やしてまして、今も時折自分自身で振返って読んだりもしてます、笑。

なお、当ブログに「2歳 絵本」のキーワード検索でたどり着いて多くの方に読んで頂けているようでして素直に嬉しかったりもします(*^^*)

 

 

 

 

 

 

ひらがな学習がグンっと進んだ3歳1カ月頃の絵本記録(第2回目)

f:id:sawamama:20180211132219j:plain

英語保育園への入園を期に、自宅での絵本の読み聞かせ時間をより充実させようと焦りもあった3歳前後頃の絵本記録(第2回目)です。

 

第1回目の頃に比べると、文字の認識が深まり「自分でも読んでみたい」気持ちがグーンっと伸びたように感じます。それと同時に娘が喜ぶ絵本の傾向が出来てきて、私が読ませたい絵本と娘が喜ぶ絵本の違いもあるのだな~と考え始めた頃です。

興味がない絵本は、一度読むともうそれでオシマイ!な具合にアッサリしていて分かり易いです、笑。 

 

www.mamastep.com

 

 

ちなみに、絵本の読み聞かせを親子で楽しむ模様なども綴っておりました。この頃も今も、基本は親子で一緒に絵本を楽しむスタイルはかわらずですね。

 

www.mamastep.com

 

 

 

(番外編)ノンタン・タータンあそび図鑑はやはり素晴らしい

番外編的に「ノンタン・タータンあそび図鑑」の記事を最後にお届けしてみます。

図鑑選びに悩んでいた頃に書いた記事ですが、図鑑というよりかはテーマ型絵本のような「ノンタン・タータンあそび図鑑」は3歳5ヶ月になった今でもやはり喰い付きがよく、飽きずによく読んでくれます。

色んなテーマでページ構成されているのも飽きがきにくいのだと思いますが、年齢が上がっても楽しめる理由としては、自由にお話を作って想像しながら読み進められる面白さが大きいようです。  

 

 

他にも「ノンタン・タータンあそび図鑑」のような大型絵本を探しているのですが、アンパンマンやディズニー系はキャラクター紹介がメインだったりするので、なかなか良い物に出会えておりません。

 

www.mamastep.com

 

 

 

 

 

3歳・4歳向け絵本 読み聞かせの記録(第3回目) 

f:id:sawamama:20170930071558j:plain

ここからは本題の「読み聞かせ絵本の記録(第3回目)」です。

3歳5ヶ月になる娘が何度も読みたがり、一度図書館へ返却した後で、後日2回目に借りた絵本になります。娘は「やった~(*^^*)またよめるのね~」と申しておりましたよ。

 

 

 

 

次々読みたくなるシリーズ展開があるおすすめ絵本3冊

f:id:sawamama:20180302082503j:plain

3歳1カ月に「おすすめシリーズ絵本」としてもご紹介している内容とも被っておりますが、ほのぼの系なかわいいイラストキャラクターで3歳児が本のストーリーを理解するのにちょうどいいレベルで1冊読むのに長過ぎず、短過ぎない具合がおすすめポイントになります。

 

すべて何度も繰り返して読みたがるものですが、娘のお気に入り順に6冊から3冊を選んでご紹介してみます。

 

 

■パオちゃんのおたんじょうび(作絵:仲川道子)

パオちゃんシリーズはハズレがなく、期待を裏切らない安定感がある絵本です。 

どのシリーズにもパオちゃんのお父さんお母さんの優しく見守る温かさがあり、可愛いお友達との日常模様が描かれています。派手さはなくとも、子どもたちの可愛らしい表情などに思わず笑顔になれる絵本

今回のシリーズでは、パオちゃんのお誕生日パーティに招いたお友達のウサギちゃんやペンギンくんたちを待ちきれずに迎えにいくのですが、かわいいお友達が手作りの贈り物を「おめでとう~」とそれぞれプレゼントしてくれるというストーリーです。 

 

パオちゃんのおたんじょうび

パオちゃんのおたんじょうび

 

 

 

 

 

■まるばつうさぎ(作絵:あきやまただし)

アニメの「はなかっぱ」でお馴染みのあきやまただしさんの絵本からの一冊です。あきやまさんのHPを拝見してみたところ、手掛けられた絵本は170冊超えておられました。凄まじい冊数、、。

 

今回ご紹介する「まるばつうさぎ」は、娘と一緒に何度も笑ってしまった絵本です。

うさぎのみみちゃんは、ご機嫌だとお耳が真ん丸になり、嫌なことがあるとバッテンになる女の子。美味しい大好きなハンバーグを食べて真ん丸お耳になったかと思えば、苦手なピーマンを食べてクシャッとしたお顔にバッテンのお耳にコロコロと変わる様子が、3歳の娘そっくりなのです。遊び疲れた体に正直なお耳はバッテンなのに「まだ帰りたくない」とダダをこねる姿は本当に笑えてしまいます。

ちょっぴりアマノジャクで手を焼いてしまう時期な3歳~4歳のお子さんと一緒に読まれると思わず笑える楽しいおすすめ絵本です。

 

○×うさぎ

○×うさぎ

 

 

  

 

■きょうはなにするの。ペネロペ(アン・グットマン)

かわいいうっかりやさんな女の子ペネロペはアニメでお馴染みな方も多いはず。

今回の「きょうはなにするの」は月曜日から日曜日までの日常を切り取ったお話です。月曜日はうっかり幼稚園にスリッパを履いていき、火曜日はパジャマを着て行ってしまうウッカリ具合なのですが、ちょうど保育園へ通う娘にピッタリな内容でした。

 

曜日や平日と週末との違いなども理解し始めた頃などにもおすすめな絵本です。娘が曜日を正しく理解してくれるまでは、保育園を泣いて嫌がる朝などは「あと3回行ったらお休みになるからね~」と伝えてもピンとこず、、。大変でした(T^T)

 

ペネロペおはなしえほん (2) きょうはなにするの、ペネロペ (ペネロペおはなしえほん 2)

ペネロペおはなしえほん (2) きょうはなにするの、ペネロペ (ペネロペおはなしえほん 2)

  • 作者: アングットマン,ゲオルグハレンスレーベン,Anne Gutman,Georg Hallensleben,ひがしかずこ
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2005/01/27
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

 

 

 

 

  

3歳5ヶ月 今週借りた絵本からのおすすめ絵本2冊 

f:id:sawamama:20180302082438j:plain

写真は今週新しく借りた絵本6冊です。 

ひらがなを読めるようになった娘が自分一人で読み進めるののちょうどいいので高い頻度で借りているのは、対象年齢が2歳児となっているももんちゃんシリーズです。今回は「かくれんぼももんちゃん」にしました。

 

 

 

■しんかんくんのパンやさん(作絵:のぶみ)

「あたしおかあさんだから」の歌などでなにかと話題が多い、のぶみさんの絵本。

個人的にはのぶみさんの絵本を嫌煙しがちなのですが、この「しんかんくんシリーズ」は子どもが大好きな新幹線をモチーフにしたもので可愛らしくて好きなシリーズです。

 

新幹線好きな『かんたくん』のことが大好きな『しんかんくん』の可愛い表情なども重なって子ども心をガシ―っと掴んでくれる絵本です。娘は電車や新幹線などの乗り物にはそれほど興味を示しませんが「しんかんくんシリーズ」は好みに合ったようです。

これまでに「しんかんくん うちにくる」と「しんかんくん あかちゃんたち」も読んでいますが、保育園でパンを作った経験がある娘には「パンやさん」が一番大ヒットでした。おままごと遊びで「しんかんくんパンをつくる~♡」と真似しています、笑。

 

しんかんくんのパンやさん (あかね・新えほんシリーズ)

しんかんくんのパンやさん (あかね・新えほんシリーズ)

 

 

 

  

■親子で遊べるたのしい!おりがみ

最後にご紹介するのは、絵本ではなく参考書的なものを。

保育園でのクラフト時間でハサミやノリを使った工作が楽しみな娘にヒットしました。正直なところ、「鶴」か「犬」、「兜」「やっこさん」くらいしか折り方を知らないので、「なにかかわいいの作って~」と言われるとかなり困ってました。

娘はまだ半分に折る、畳む程度しか出来ないのでほぼ私が代わりに折る形になっていますが、かわいい動物や野菜、洋服など子どもが喜ぶものがカラー写真で紹介されています。

自宅用に工作ハウツー本を買い揃えるのはまだ早いかな~、お子さんが興味を持ってくれるかな~と不安な時は、ぜひ図書館からアレコレ見繕って借りるのが一番だと思います。

大人気!!親子で遊べる3‐5才のたのしい!おりがみ

大人気!!親子で遊べる3‐5才のたのしい!おりがみ

 

 

 

 

  

まとめ

3歳5ヶ月になる娘の絵本読み聞かせ記録(第3回目)のお話でした。

 

「良い絵本」の定義付けは個々人の好みに依る部分が大きいので難儀ではありますが、良い絵本に出会えると心がホッコリと温かく優しくなれる気がします。

そんな絵本に出会えて娘が楽しげにページをめくる様子を見る度に、娘にもっと沢山読んであげたい、これからも楽しさを思う存分味わってくれるといいなと思います。

 

 

小学校から帰って図書館から借りた本をベッドに寝転んでワクワクしながら読みふけっていたのですが、当時のその瞬間だけに舞い戻りたい!!と叶わない願いを妄想してしまう、ここ最近の私です。疲れでしょうかね、、明日からも頑張らねば~・・。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

今日も一日本当におつかれさまでした。