【時短】 段取り勝負!1週間分の常備菜や作り置きおかず9品の献立と作り方14工程を実例紹介

今回は「常備菜・冷凍ストック9点を仕上げるまでの作り方や1週間分の献立」について実例紹介してみます。 毎週末に大体3時間を使い、2歳の娘と大人2人分の作り置きおかずや冷凍ストック1週間分を作ります。平日は主人の帰宅が遅いので一人で娘の面倒をみているのですが、作り置きのストックがあると娘の遊び相手をたっぷりしつつ、家事などもスムーズにこなせます。

そんな我が家での段取り勝負な作り置きおかずの作り方などをご紹介します。

 

 

 

 

今週作った作り置きおかず・常備菜9品

f:id:sawamama:20170205141346j:image

 

f:id:sawamama:20170205172402j:image

パッと見で「茶色いねー!」な感想を持たれた方、正解です(笑)。今週は本当に茶色系が揃ってしまいましたが、塩分とカロリーを抑えた和食中心で栄養バランスを一応は意識してメイン・副菜あわせて9品作りました。

 

 

 

<ごはんもの>3つ

・納豆チャーハン(冷凍おむすびにも加工)

・切干大根の煮物を混ぜ込んだおむすび(冷凍用)

・いなりずし

 

<メイン系>3つ

・鶏胸肉のグリル焼き

・厚揚げ豆腐ソテー(下処理まで)

・人参キノコミックスの餡かけ(しゃぶしゃぶ豚肉にかける餡)

 

<汁物>1つ

・サバ缶入りの具沢山スープ

 

<サラダ・副菜>2つ

・スパゲティサラダ

・切干大根の煮物(冷凍ストック用含む)

 

 

上記以外に、鮭の切り身・サンマのミリン干しを購入しているので、当日はグリルで焼き上げる予定です。また、トマトやカボチャなどの緑黄色系が欲しいところですが、副菜のサラダや冷奴、ちょっとした小鉢やお味噌汁などは当日に作ってます。

では次に、作り方や下ごしらえなどの準備の段取りなどをご紹介します。

 

 

 

買出しリストはLINEのメモ帳に保存して無駄な買い物を省く

我が家では1週間分の食材や消耗品を土曜日にまとめて購入し、生野菜や果物のバナナなどのアシが早いもののみは水曜日に追加で購入することにしています。その際、1週間分の献立を考えた上で買出しリストを作っておき、スマホのLINEのメモ帳機能を使って「買出しリスト」を保存し、買出し担当の主人にも共有しています。ストックが切れた食材などを手軽にスマホでメモっておくと無駄な買い物を省けます。

また、週末の買出し担当は主人にお願いしており、その間に常備菜を作ることが多いです。どんなに寒くても愚痴の1つも言わずに買出しに進んで行ってくれます、ありがたいことです。もちろん一緒に買出しに行くこともありますが、週末の楽しい時間を増やすべく「買出し担当=主人」・「料理担当=私」と分業制にしました。たまに食材の買い間違いなどもありますが、これまでのところはうまく回っています。

 

 

 

下ごしらえ用のストックを多用して時短を目指そう

一気に全て仕上げるのではなく「仕上げて食べられる状態」・「火を入れるだけで完成する状態」・「下ごしらえのみ」の3つを準備することが、負担無く準備も出来ますし、長く続けられる時短のコツかなと思っています。土曜日の朝に常備菜を作るために、前日の金曜日の夜にある程度の下ごしらえを済ませます。掛かった時間は15分ほどでしたが、翌日の作業の時短化に役立ちます。

 

具体的には

・サラスパ用のスパゲティ乾麺をタッパーに水を入れ浸しておく。すると翌朝はお鍋で湯がかなくともレンジで温めるだけで充分に火が通ります。

・刻んで冷凍保存している、人参や玉ねぎ、大根や白菜などで翌朝調理に使うものを冷蔵室に戻して自然解凍しておく。

・切干大根の煮物に入れる大豆の水煮用をシャトルシェフで保温調理しておく。翌朝には柔らかく茹でられて食べられる状態です。

 

一度に一気に仕上げるのは大変でも、下ごしらえを済ませておくことでスムーズにストックを作れます。また、1週間分の常備菜などを作るのとあわせて、その次の週末に使う用に刻んだり下茹でまで済ませた根菜類などの冷凍ストックも作っています。

 

 

 

常備菜・作り置きおかずの作り方、大まかな工程

f:id:sawamama:20170205141324j:image

今週使った食材の一部です。(2歳の娘の相手をしつつ写真を撮っているので、レタスやほうれん草、トマトなどの生野菜系の写真は撮れませんでした) 真ん中の木のトレイに乗せたジップロックでまとめているものは、先週末に仕込んでいた食材加工用の冷凍ストック分です。

 

具体的には、

◆野菜系◆

インゲン豆・グリーンピース・人参・玉ねぎ・シメジ・エノキ・白菜・ブロッコリー・トウモロコシ

 

◆タンパク質系◆

鶏胸肉・卵・納豆・油揚げ・厚揚げ豆腐・さば水煮缶・大豆の水煮・高野豆腐

 

◆炭水化物系◆

ご飯・はるさめ・スパゲティ麺・マカロニ

 

です。

今週は切干大根の煮物を作りましたが、切干大根の煮物は煮汁を切ったものを卵焼きに入れたり、白ごはんと混ぜたお結びにしたりと意外とアレンジが利くので多めに作って冷凍保存しています。

ではこれらを使った作り方をご紹介します。今週はご飯の炊飯時間も含めて使った食器の洗い物まで終わらせるまでに、娘の相手をしながらおおよそ3時間ほどかかりました。

 

 

「とりあえず手を動かそう(笑)」大まかな14工程・約3時間

f:id:sawamama:20170205141331j:image

1.冷凍ストックを「1週間分の献立メモ」をみながら上記の写真のように組み合わせてお鍋にポイポイと入れる。白いホーロー鍋は「サバ缶入りの具沢山スープ用」、フライパンは「納豆チャーハン用」です。写真にはないですが、餡かけ作り用の小鍋にも人参とキノコミックスを入れています。

料理別にそれぞれ具材を一度にまとめてセットしておくと、何度も冷凍庫や冷蔵庫の出し入れがなく手間が省けるし電気代の節約にもなります。

 

2.火を入れる調理工程の前に、おおよその下処理を済ませる。

・乾物の切干大根と高野豆腐をぬるま湯で戻し、高野豆腐は短冊切り。

・サバ缶水煮の水分を切って手で荒くほぐす。

・油揚げをお湯で洗って余分な油分を飛ばし、短冊切り。

・納豆チャーハン用の卵と納豆を混ぜ合わせておく。

・厚揚げ豆腐を一口大に切り、透明袋で片栗粉をまぶす。

・いなりずし用のごはんにお酢、砂糖、白ごまを入れて混ぜ込んでおく。

・サラスパ用で、水に浸しておいたスパゲティ麺をレンジで4分加熱し水分を切る。

・レタス、キュウリ、カニカマ、ハムを刻んでおく

・お味噌汁の具材用と、翌週に使う根菜系などを千切り/短冊切り/くし型/さいの目に刻んだり下茹でなどの下処理を済ませてジップロックに小分けして冷凍する

・レコルトのカプセルカッターで、玉ねぎ、人参、キノコ類の微塵切りを作りジップロックに小分けして冷凍する(翌週分のピラフや豚丼用の具材予定)

 

 

3.シャトルシェフで、サラスパに入れるジャガイモ、卵を茹で保温調理しておく。

 

 

f:id:sawamama:20170205141319j:image

5.鶏胸肉のグリル焼きの下処理で塩とお砂糖を少々振って揉み込んでおき、タッパーにしばし放置した後、グリルにでタイマー20分をセット。

 

6.いなりずしのお揚げさんを小鍋で煮て粗熱を冷ましておく。

 

7.切干大根の煮物を作る。上記2の下処理まで済ませていた切干大根、大豆の水煮、高野豆腐の短冊切り、人参に塩・砂糖・みりん・ダシ・薄口しょうゆを入れて20分ほど煮込んで出来上がり。娘も食べるので薄味です。

 

8.フライパンに火を入れ、野菜に火が通ったら、レンジで温めなおしたアツアツご飯をフライパンに投入。卵と混ぜ合わせた納豆も追加で投入し、強火で炒めてフンワリとしたら塩・醤油・白ごまで味を調えて出来上がり。こちらも薄味です。

 

9.粗熱が取れたいなりずしのお揚げさんに、上記2の下処理した白ごはんを詰めれば、いなりずしの出来上がり。こちらは大人用のみです。

 

10.人参・キノコミックスを小鍋で茹で、麺つゆと片栗粉でとろみをつけて、豚肉にかける餡を仕上げる。

 

11.サバ缶入りの具沢山スープ用のお鍋にクイック春雨を入れて火をかけて麺つゆ、ダシ、生姜を入れて味を調えて出来上がり。娘も食べるので薄味です。

 

12.シャトルシェフで保温調理しておいた茹で卵とジャガイモの皮を剥き、レンチンしたスパゲティ麺に上記2で下処理していた生野菜とを混ぜ合わせる。牛乳少々、マヨネーズ、砂糖、酢、塩コショウで味を調える。娘も食べるので薄味です。

 

 

f:id:sawamama:20170205141336j:image

13.出来上がった切干大根の煮物をアレンジしておむすびを作る。煮汁を切り刻んだものと白ごまを入れてご飯と混ぜ込めば出来上がりです。主に娘用です。

 

 

f:id:sawamama:20170205141340j:image

14.グリル焼きで出来上がった鶏肉の粗熱を冷まし、娘用に取分ける。

 

以上、14工程で9品出来上がりました!!!炊飯から洗い物まで含めておおよそ3時間です。ふ~・・疲れました。

時短で役立っているのは、レコルトのカプセルカッター・シャトルシェフの保温調理鍋・グリルオーブンの3つの調理家電です。いつか、自動食洗機を購入してみたいのですが置く場所もお財布事情も厳しいので、夢におわりそうです。

 

 

 

本日のいただきます☆我が家のごはん 

f:id:sawamama:20170205141352j:image

こちらは娘のお昼ごはんです。さきほど作った、サバ缶入り具沢山スープ、切干大根入りのおむすび、キュウリとミカンです。

 

f:id:sawamama:20170205173235j:plain

こちらは主人のお昼ごはんです。いなりずしとサラダスパゲティ、煮物のかぼちゃ(冷凍ストック分)です。我が家のお稲荷さんは一つが大きいです。

 


f:id:sawamama:20170205141407j:image

あわせて、娘のお夕飯分もお昼に作っておきました。ちくわきゅうり、ワカメ入り卵焼き、鶏のグリル焼き、切干大根の煮物、納豆チャーハンです。

 

 

 

今週1週間分の献立例

作り置きおかずや常備菜などを使いながら、今週の大人ごはん(お夕飯)は以下のような献立で乗り切る予定です。なお、生野菜や娘用の果物などは週の真ん中で補充します。

 

 

・月曜日:サラスパ、サバ入り具沢山スープ、切干大根の煮物、冷奴、白ごはん

・火曜日:納豆チャーハンの卵乗っけ、鶏肉グリル焼き、お味噌汁、叩ききゅうり

・水曜日:いなりずし、鮭グリル焼き(同時にホグシ身も作る)、ワカメスープ、切干大根煮物をアレンジした卵焼き、生野菜サラダ

・木曜日:人参キノコ類の餡かけ豚肉焼き、お味噌汁、冷凍カボチャのチーズ掛け(レンジでチンするだけ)、白ごはん、

・金曜日:厚揚げ豆腐のチーズお焼き、コーンスープの素を使った洋風茶碗蒸し、生野菜サラダ、白ごはん

・土曜日:切干大根煮物をアレンジしたおむすび、サンマの蒲焼(グリルで焼くだけ)、お吸い物、ミニサラダ

・日曜日:(週末に作る予定のストックなどを活用予定)

ーーーーー

 

娘はまだ未就園なので、お夕飯は基本的に大人の薄味メニューにして、朝ごはんやお昼ごはん、オヤツの軽食は娘用のストックなどを使いながら作っています。また、予定していても当日に変わることもありますが、大体は考えている献立で乗り切っています。

 

 

 

まとめ

なんとか今週も無事に常備菜や作り置きおかずを揃えることが出来ました。娘も主人もご機嫌に全て食べてくれたので嬉しい限りです。これだけで母はがんばれます。

今後も作り置きレシピや時短の工夫などをご紹介できればいいなと考えています。

今日も一日おつかれさまでした。最後まで読んで下さりありがとうございます。

========

他にも幼児食のストックレシピなどをご紹介しています。

 

mamastep.hatenablog.com

mamastep.hatenablog.com