読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【手作り】 セリアやダイソーの洗えるフェルトでミニミニお弁当セット☆手作りベビー用品のまとめ

手作りグッズ 手作りグッズ-本・おもちゃ

今回は「洗えるフェルトを使った簡単なミニミニお弁当」のお話です。これまでもフェルトを使ってマスコットやポシェット、布ボール、ワッペンなどを手作りしてきましたが、今回は「ハサミで切る・ボンドで貼る」だけの超お手軽な手作りグッズです。手先が器用になった2歳3ヶ月の娘と、娘のリクエストに応じてハサミでチョキチョキと切りつつ、即興の歌を唄いながら作っています。ミニミニサイズのお弁当ですが、可愛らしく仕上がりますし、長いこと楽しく遊んでくれるので作って良かったと思える代物です。

 

 

 

 

手作りアイテムには欠かせない「洗えるフェルト」

ユザワヤで揃えることが多いのですが、最近はセリアやダイソーにも生地が割とシッカリしたものもあるので、セリアなどでも揃えています。薄手のフェルトだと使っているうちにすぐ毛羽立ちが目立つのでモノの用途や頻度に応じて扱うフェルトを用意するのがおすすめです。今回はミニサイズなので余っていた端切れで作りました。

 

 

リクエストに応えてドンドン増やそう☆ミニミニお弁当箱

f:id:sawamama:20170121221449j:plain

仕上がったミニミニお弁当の一部です。「これは手作りグッズと呼んでいいのか?!」との声が聞こえそうですが・・・汗。でもですね、娘は大事そうに集めて楽しげに歌ってミニミニお弁当を完成させて嬉しげなんですよー。

娘の「さくらんぼが食べたい」などのリクエストに応えて、チョキチョキとハサミで切りながら即興で「ピンクのまるがひーとつありましてー♪もひとつコロンと転がってー♪あっという間に双子のサクランボー♪」などと唄いながら切り進めています。

 

 

 

f:id:sawamama:20170204115044j:plain

ミニミニサイズなお弁当のオカズやデザートたちです。他には白いフェルトを丸く切りぬいた食パンとピンクのフェルトや緑色のフェルトをハムやレタス風に切りぬいただけのサンドイッチなどもあります。

 

 

f:id:sawamama:20170121221441j:image
「イチゴさんはー、ココ―。」と歌いながらミニミニお弁当を作る娘です。毎回リクエストに応じて少しずつ増やしているのですが、かなりの数の果物や野菜、お弁当のオカズたちが揃いました。

 

 

 

作り方・洗えるフェルト・「こどもずかん」のすすめ

f:id:ryamamama:20151130213348j:image

作り方というものもないのですが、フェルトは端切れでもいいので沢山の色味があったほうが楽しいです。また、形状などの参考におすすめな本は「0さい~4さいこどもずかん」です。可愛らしいフォルムが沢山載っています。言葉覚えにも役立ちますし、1歳頃から娘のお気に入りの絵本です。

 

0さい~4さい こどもずかん 英語つき

0さい~4さい こどもずかん 英語つき

 

 

f:id:sawamama:20170204115105j:plain

 

f:id:sawamama:20170204115109j:plain

こんな具合に、可愛らしいフォルムの果物や野菜、その他食べ物以外にも色んな動物・乗り物なども載っています。私は娘に「次はどれがいいかな~?」と尋ねながら形を参考にしつつ、ハサミでフェルトを切り抜いています。ちなみに英語付きですが、微妙な発音表記なのであまり役立ったと感じたことがありません・・・。

 

 

f:id:sawamama:20170204115054j:plain

今回使用している洗えるフェルトはセリアやダイソーでもお手頃に揃いますし、写真のモノはユザワヤで5色で150円ほどだったものです。

 

 

f:id:sawamama:20170204115050j:plain

 

f:id:sawamama:20170204115047j:plain

1枚100円のバラ売りされているフェルトに比べて生地は結構薄目です。分かりづらいのですが、写真の生地(右側)がセリアで5枚100円で購入した洗えるフェルトで生地が薄くて透けてしまいます。写真の左側が1枚100円のフェルトで厚手でシッカリしています。用途に応じて使い分けた方がよいですね。

 

 

 

洗えるフェルトを使ったこれまでの手作りアイテム

最近は体力が付いた娘の育児にドップリ―と浸かり、裁縫から離れてしまっているのですが、これまで手作りしたフェルト系のアイテムをご紹介します。

 

フェルトデビューにおすすめ☆簡単なアップリケや髪飾り・ワッペン

いざ作ろう!と思っても何から作り始めればいいのかお悩みの方にぜひおすすめしたいのは、簡単な小物アイテムです。お出掛け用のバッグや保育園・幼稚園用のバッグに縫い付けるワッペンやアップリケ、女の子であれば髪飾りなども喜んでくれると思います。

 

 

 

f:id:ryamamama:20160324212356j:image

フェルトを使って「はらぺこあおむし」モチーフのポシェットを作ったものです。

 

f:id:sawamama:20170202231124j:plain

 

f:id:sawamama:20170202231121j:plain

出来上がりはこんな感じです。丸いポシェット部分は表にレモン色のフェルトを使い裏地に厚手の白フェルトを縫い合わせました。刺繍をするので刺繍糸が見えないように、表面の刺繍を施した後で、白フェルトをくっつけてから周りをクロスステッチの要領で縫い合わせています。

また、首からかける紐はセリアでゴムを購入して、長さ70センチほどを三つ編みにして縫い付けました。このゴム紐にしたのが後になって大正解だったと気付いたのですが、普通の紐タイプにしてしまうと着脱する時に伸縮せず、縫い目などが裂けていたと思います。もしもポシェットを手作りされる際は、紐は伸縮あるゴム紐などがおすすめです。

2歳になった今でもお気に入りのポシェットでして、手作りして良かったと感涙です。

 

 

舐めても安心なオモチャやベビーグッズ3つ

赤ちゃんの頃は何でも舐めまわしてしまい衛生面も気になりますし、柔らかい素材のものでないと目に入ったら心配ですよね。フェルト素材であれば少し舐めても洗えますし、柔らかいので赤ちゃんに自由に遊んで貰えます。おすすめは「にぎにぎ・マスコット」、「布ボール」、「布絵本」の3つです。

 

 

 

f:id:ryamamama:20151130193715j:plain

モビール型のベビーメリー用のマスコットです。マスコットアイテムは手縫いでチクチクしやすいですし、初めて作るアイテムにおすすめです。

これもベビーメリーとしての用途を終えた今もなおリビングの端っこにインテリア的に吊るしているのですが、娘も愛着があるようで毎日のように手を伸ばして触ったり、声を掛けて遊んでくれます。

 

 

 

 

 f:id:ryamamama:20151124211815j:plain

舐めても安心な布絵本です。厚手のフェルトを使って、中に綿も詰めてふくらみをもたせています。

さすがにコチラは2歳になった今は押し入れに収納していますが、思い入れがある一つです。娘が成人して孫でもできた時に譲ろうかな・・・などと考えています(笑)

 

 

 

 f:id:ryamamama:20151126120619j:image

正五角形を12枚張り合わせた布ボールです。2歳になった今でもバリバリの現役ボールくん。マンション暮らしなので室内でボール遊びをするときに大活躍しています。これのおかげか分かりませんが、2歳2ヵ月頃には20色ほど理解しており、「ベージュ・灰色・水色・キンイロ―・黄緑」などと微妙な色味もちゃんと言い分けているのに驚きました。

ボール遊びは幾つになっても夢中になって遊ぶので、手作りの柔らかい布製ボールは一つあると便利ですよ☆

 

 

 

まとめ

久しぶりの手作りアイテムをご紹介したのですが、妊娠中やまだ娘が赤ちゃん時期の頃に比べると、クオリティが雑になったなぁ・・とシンミリ。でもこんな工作チックなアイテムでも喜んでくれればいいかな、と思っています。隙間時間を作って娘の洋服の裁縫を再開させたいものです。

今日も一日おつかれさまでした。最後まで読んで下さりありがとうございます。

-----------------------------

◆手作りグッズ・セリアグッズのおすすめ記事◆

【手作り】 手縫いで簡単☆手作りベビーグッズのおすすめ <まとめ>

【知育】 セリア・ダイソーのシールブック・小麦粉粘土・水彩色鉛筆おけいこグッズおすすめ15点の実例紹介

【知育】 1歳児向け「セリアのオママゴトセットやアンパンマンパズルおすすめ知育グッズ5つ