【苦手な食材・食べムラ・便秘】 悩みが多かった離乳食完了期を乗り切ったコツ

みなさんの連休はいかがでしたか。さて、今回は「我が家のごはん事情」のお話です。1歳半頃からは幼児食へ移行する頃といわれますが、食べムラや丸飲みに悩んだり便秘改善メニューを模索したり、苦手食材もでてきたり・・・と色々悩みはつきません。いまなお試行錯誤中ですが、娘に好評だったモノを中心にお届けします。

 

 

 

魚が苦手な娘のお気に入りは「お魚ハンバーグ」

f:id:ryamamama:20160428210125j:image

魚が苦手な娘は魚単体では渋々食べる感じなので、アレンジメニューで与えています。過去記事では魚の蒸し焼きをアレンジした揚げないコロッケが娘に好評だったことをご紹介したのですが、今回は小さい子はきっとみんな大好き「ハンバーグ」です。

 

鶏肉と豆腐を使った鶏ハンバーグも良く作るのですが、イワシやサバをミンチにした「お魚ハンバーグ」も良く作ります。小骨や皮をはいだり抜いたりするのは手間ですけど、骨取り用のピンセットを使うと取りやすいです。

 


f:id:ryamamama:20160322000800j:image

レコルトのカプセルカッターで玉ねぎ・人参・キノコ類・魚などをガガガーっと一気にミンチにしています。鶏肉ハンバーグを作る時も同じ要領で一気に作っていますが、大人ごはん用も兼ねているので、娘用は味付け無しで大人は後で塩コショウ・生姜を足して味を調えてます。



f:id:ryamamama:20160322000812j:image

小判型に成型して焼くハンバーグのほかに、ラップにくるんでレンジで加熱し包丁で切り分ける即席魚団子も作ります。ハンバーグよりも成型する手間がないので楽ですし、触感が違いバリエーションが増えるのでおすすめです。ツミレ的にお味噌汁の具にしたりもしています。



 f:id:ryamamama:20160322000741j:image

 

 f:id:ryamamama:20160322000735j:image

お魚ハンバーグとカボチャサンドなどです。好物メニューの場合、よく噛まずに一気に食べようとするので小分けしながら、足りない場合は追加でお替り分を与えています。

 

f:id:ryamamama:20160322000723j:image

「お魚おいしいねー」とご機嫌に完食です。ありがたやー。



f:id:ryamamama:20160322000715j:image

f:id:ryamamama:20160322000719j:image
こちらは大人ごはん。「パパと同じごはんだー」「ママと同じの食べてるー」と満足げです。大人のコップ、お箸、皿など何でも真似たがる時期です。

 

 

 

食べたがらない時。栄養バランスに悩んだときは・・・

先月は体調を崩し食べれない時期が続いたり、運動不足等も原因か便秘が悪化した娘。良く食べる日や食べたがらない日など、結構ばらつきがあったりします。

 

 

「食べたがらない」悩みには「切り札メニュー」で解決

1歳半検診の際に保健師さんから「食べムラの時期もある。水分不足に注意して様子見もアリ」と聞いていたので、とりあえず「1品で色んな栄養素が取れる切り札的なメニュー」を増やすことに。最近は自我が強くなっており強制すると逆効果なので、、、少しでも食べれればヨシ、としています。

 


f:id:ryamamama:20160502195512j:image

f:id:ryamamama:20160502195520j:image

トマト単体は食べれませんが、トマトジュースで根菜類やキノコ類、葉物野菜、鶏肉などを煮込んだものは良く食べます。「カレーパンマンのカレーだねー」などいいながら与えるとモグモグ食べます。アンパンマン効果、あなどれません!栄養豊富な切り札メニューの1つです。

 

 

f:id:ryamamama:20160505111259j:image

具沢山にゅう麺もよく作ります。ほうれん草やコーン、人参、ブロッコリー、シラスなど様々混ぜ込み、鰹節で味付け。チュルチュルねー、といいながら食べさせてますが、いかんせん。結構こぼれたりするのでね、後片付けなどが大変です~・・・。

また、にゅうめんに小麦粉を混ぜて焼くだけの「簡単お焼き」も作り、冷凍ストックしています。成型しているので汚れにくいですし、お弁当にも便利です。

 

 

 体調崩して食べたがらない時や便秘で困った時・・・ 

以前からかなり頭を悩ませてきた便秘。体調を崩し病み上がりの時期はかなり酷かったです。鼻風邪が結構長引き寝不足が続いたのもあってか、食べたがらない時期がありました。便秘が続くと食が細くなり更に悪化する負のスパイラルになるのは経験的に感じていたので、とにかく水分摂取と便秘に良い食事を見直したりしました。

 

乳製品飲料、乳酸菌のチカラに頼ってみる 

f:id:ryamamama:20160502195808j:image

友人ママから「ヤクルトを飲ませ始めたら頑固な便秘が治った」と聞いていたのですが、月齢が小さいうちはヤクルトなどは味が濃いので手がだせず。最近になり乳製品飲料なども試しに色々と飲ませています。

 

f:id:ryamamama:20160508133411j:image

朝一にミルミルかヤクルトなどを飲み始めて1ヵ月ほどですけど、便秘が改善されています。でも、他にも色々とやっているのでコレ単体の効果とはいいきれません・・・、汗。ヤクルトは味が濃いので薄めたり、3時のオヤツ頃は野菜ジュースを半分ほど飲ませています。乳製品飲料は飲む時間帯でも効果が違うようなので、経過観察で今後も色々と試す予定です。

ちなみに気になるのは「糖分による虫歯のリスク」、「濃い・甘い飲み物が癖になり、お茶類を飲みたがらなくなるのでは?」という懸念点ではないでしょうか。特に果物野菜ジュース100%は果糖が多く美味しいようで「欲しい!!」とねだりますが、1日1本までとルールを決めています。今のところ、お茶類もサッパリ美味しいみたいで問題なく飲めています。

 

 

汁物・良く噛む・適度な油分を見直してみる

f:id:ryamamama:20160428205805j:image

わかめスープや野菜ダシスープなどの汁物を極力添えてます。また、これまで油分を排除してましたが、適量の油分は便通に良いと聞き油分を使った調理工程を見直しました。

 
f:id:ryamamama:20160428210120j:image

良く噛まずに丸飲みに近かったのも便秘の原因かもと考え、食材の切り方や大きさを見直してます。赤ちゃんせんべいや野菜スティックなど歯応えがあるものを前歯でチビチビと噛みながら食べる癖が付いてからは、丸飲みすることが少なくなったようです。

 

 

 

まとめ

笑って食べる顔を見れると嬉しい。残さずご機嫌に食べてくれると、なお嬉しい、そんな母心。今朝はあまり食べてくれず、撃沈でしたけど(笑)。あーでもない、こーでもない、といいながらご飯づくりに悩む日は続くんだろうなぁと思ったりしています。

今日も一日おつかれさまでした。最後まで読んで下さってありがとうございます。