【手作り】 牛乳パックで工作☆六角形椅子は子ども用のステップや踏み台に大活躍!

なかなか更新できずにおりました。3月は「去る」といいますがマサに流れ去っております。

さて今回は牛乳パックを使った「六角形椅子」を手作りしたお話です。先日は牛乳パック数本を使った「娘用の知育カード」でしたが、今回は24本使った大作です。でも牛乳パックが揃えば実際の工作時間は3時間ほどで仕上がります。

娘のテレビ鑑賞用椅子やオママゴトセットを置くミニ台になったりと結構な活躍をしてくれますし、牛乳パックの利活用にもなるのでおすすめです。

 

 

 

牛乳パック六角形椅子の仕上がり図

六角形の椅子以外にも真四角や背もたれや手すり付きなど色んなバリエーションがあります。角張っておらず娘がつまづきにくいようにと考えて六角形にしました。

 

f:id:ryamamama:20160318100539j:image

仕上がり図です。娘のお気に入りな羊のめぇさんとシェリーメイさんに座らせた図です。大人が座っても安定しており、強度的にも十分です。

娘用の豆椅子を購入することも考えたのですが、個人的に牛乳パック椅子で気に入っている点は3つ。

・紙製なので軽く娘でも持ち運べる。ゴロゴロ転がせる。

・汚れたら作り直せばいいので娘が盛大に汚しても寛大でいられる(笑)

・通常の四足椅子とは異なり座面がフラットなので、ジョイントマットに椅子型が付かずマットを綺麗に保てる。

 

とくに3点目は結構ポイントかと。木製でベンチタイプの椅子もありますけど重たく持ち運びも不便だし、重みでマットが凹んでしまいそうなのでね。

 

 

f:id:ryamamama:20160318100555j:image

実は工作過程の状態でして、椅子用カバーは娘お気に入りの動物でチクチク手縫い予定です。ただいかんせん、娘のスカートやワンピースを手縫いする方が楽しくて椅子カバーはずっと後回しになっております・・・。汗。なんなら、ガムテープのままでもいいかも・・と最近思い始めていたりもします。

 

 

簡単なつくり方・ポイントなど

牛乳パックを24本揃えることができれば8割方完成しております。牛乳パックを収納するスペースを作るのがね、結構大変かと。牛乳の注ぎ口を四角く開けて十分にすすぎ洗いして乾燥させたものをご用意くださいね。

ちなみに、作り方は図書館で借りた工作図鑑を参考にしたのですが、ネットにも色んな作り方が掲載されているようです。新聞紙を使う作り方などもありましたが、強度を強くしたかったので三角錐にした牛乳パックの中に段ボール芯を入れる方法を取りました。

 

 

100円ショップ・セリアなどで全てそろいます。

牛乳パック以外に揃えるものは「段ボール・ガムテープ・透明テープ・ハサミ・カッター」です。牛乳パックをハサミで切り続けると手が悲鳴をあげるので、よく切れるカッターでパシパシ切った方がいいです。

牛乳パックを三角錐にして24つを繋ぎ合わせて六角形にする」というのが全体の流れです。それまではただひたすら、牛乳パックと段ボールの下準備です。

 

f:id:ryamamama:20160311201727j:image

・牛乳パックで三角錐を作るために、黒ペンでマークした個所(写真左上参照)をカッターで切り離します。

・切り離した後に、パック底を左右に切り離しジグザグ状に開きます(写真右上参照)。

・開いたら、牛乳の注ぎ口になぞり黒ペンでジグザグにマークした個所(写真右上参照)をカッターかハサミで切り取ります。

 

 

f:id:ryamamama:20160311201740j:image

上記の作業を24回繰り返して三角錐にする前の牛乳パックを用意します。

次に段ボール芯を作るので、牛乳パックの高さと幅に合わせて切った段ボールを48枚用意します。ブイの字に降り込んで牛乳パックに入れ込むようにしましたが、ここら辺はお好みで作業しやすい形で入れ込んで下さい。


f:id:ryamamama:20160311201757j:image

三角錐を作ります。開いた牛乳パックを三角に折り畳み、中に段ボール芯を2個入れます。周りをグルリとガムテープで巻けば三角錐が出来上がります。

 
f:id:ryamamama:20160318135813j:image

三角錐をくっつけて積み上げていき、周りをガムテープで補強しながら六角形にします。

f:id:ryamamama:20160318135822j:image

押さえる人手があれば楽ですが一人で作る場合は三角錐が動いてしまうので、3つずつを繋ぎ合わせていくと綺麗な六角形になりましたよー。

 

 f:id:ryamamama:20160318100601j:image

座面になる部分は段ボールを六角形に切り取ったものを2つ用意し、上下に貼り合わせました。最後に水に濡れてもふやけないように透明テープでグルグルグルーっと巻き付けて完成です。オムツをしている娘のお尻はかなりの湿気(笑)があるので透明テープでの補強はかなり役立っています。

 
 

実際の利用風景・娘の座り心地など

f:id:ryamamama:20160317202512j:image

娘、テレビを真剣に鑑賞中の図。椅子を作る前は膝の上で抱っこして一緒にテレビ鑑賞したり、テレビにかぶり付くように近づいてしまっていたのですがね。椅子に座る練習を始めて3週間ほど経ちますけど、最近はパチパチ手を叩いたりしながら落ち着いて座ってみてくれるようになりました。

あ、でもやっぱりずっと座ってもいられずに踊り出したりもしますけどね。近づき過ぎて目を悪くしないか気になってたので母的には十分ありがたやーです。


f:id:ryamamama:20160317202524j:image
娘のどっしり感をも支えてくれる、六角形の椅子。高さ具合がちょうどいい塩梅のようです。

 

 

まとめ

前々からテレビ鑑賞用の椅子が欲しいなと考えており、娘用の豆椅子を探したりもしたのですが。娘でも持ち運べる軽さ・大人が座ってもOKな丈夫さ・汚しても作り直せる・マットを傷付けない安心感などの点から、牛乳パック椅子を作って良かったなーと思っています。お気に入りのカバーなどがあればさらに良し!ですよね。

意外と簡単に作れるのでご家庭で牛乳パックが余っておられたらおすすめです。

今日も一日おつかれさまでした。良い週末をお過ごしくださいね。最後まで読んで下さってありがとうございます。

-----

他にも手作りグッズをご紹介していますのでご参考ください

mamastep.hatenablog.com