読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【手作り】 ダイソーのナイロン袋をアレンジ☆1時間で仕上がる「カボチャパンツ風な砂場着」の作り方

今回はお散歩好きな娘に「砂場着」を手作りしたお話です。

公園にいくといつもペタンと座り込むのでお尻が砂でかなり汚れてしまい、存分に遊んでほしいけど汚れも気になる・・・。なので前々から「砂場着」が欲しいな、と考えていましてね。

そこでダイソーで108円で購入していたナイロン袋1枚を使ってチクチクと手縫いで作ってみました。娘が寝付いてから1時間後には仕上がりお手軽にできたので裁縫初心者な方でも大丈夫です。市販のオシャレなモノには劣りますけれど、、、愛着が湧きますし、公園へのお散歩時間がより楽しみになれるかもしれません。

 

 

 

仕上がりイメージ・そろえるものなど

手頃なサイズのナイロン袋1枚に出会えれば、もはや8割ほど完成したといってもいいかと。じつはこのナイロン袋、1年ほど前に購入して押入れに直し込んでたモノ。娘が偶然に引っ張り出して自ら入り込んで遊んだ姿を見て、リメイクする運びとなりました。
 

仕上がりイメージ

手作りの砂場着仕上がりイメージ
はじめにリメイク前のbefore/afterをお伝えしますね。写真右下がbeforeの袋、左下が仕上がったもの。あ、笑った方いらっしゃいますか?そう、ほぼほぼ、原型!です(笑)
 
 
手作りの砂場着着用イメージ
こんな感じに仕上がります。イメージは「漁師さんやお魚屋さんが着ている、スッポリ吊り下げ作業着」。袋1枚なので足首までのズボンタイプは長さが足りず「カボチャパンツ風な砂場着」になりましたが、歩行訓練がまだまだ必要な娘にはかえって動きやすそうなので結果オーライな感じです。
手縫いする作業工程を少なくしたかったのでゴムを使いサイズ調整を工夫してみました。手提げ部分にゴムを入れて肩紐にしており、元から縫われている部分にもゴムを通して胸辺りで留まるようにしています。
 
 

そろえるものなど

裁縫セット以外にそろえるものは2つ。
 
・ナイロン製の手提げ袋 1枚 (50×60センチ程度のもの)
・細めのゴム 60センチほど 
・他、裁縫セット
 
ちなみに、細目の白ゴムは持ってると何かと便利です。娘のレギンスパンツなどはお腹回りが窮屈になってサイズアウト感がでますが、ゴムを抜いて新しく緩めのゴムに付け替えるだけでまだまだ現役で使えたりしてます。また、タオル端を輪っかに縫い付けてゴムを通し、即席の腹巻などにもできます。
 
 

1時間もあれば仕上がります。簡単なつくりかた

実際の作り方を写真を中心にご紹介します。自分の備忘録を兼ねて「これさえ見れば作れる」用にかなり写真が多いです。お急ぎなかたは最後の「まとめ」に飛んでくださいね、、、汗。すみません。
なお、娘が寝付いた後の暗がりで撮影してるので写真色味が悪いです(T-T)
 

チクチク手縫いを楽しみながら作るとより一層、早く仕上がるかも。

f:id:ryamamama:20160229202649j:image
1.ナイロン製の袋を1枚用意します。
袋のサイズ感ですが、お子さんの体型をザックリと計って胴回りにプラス15~20センチほどの余裕を持たせた横幅のものをご用意ください。
 
f:id:ryamamama:20160301121309j:image
2.縦半分に折り畳み、下から15~20センチほど切込みを入れます。切り込んだら、左右にハサミを入れて裁断します(写真右下参照)。
 
f:id:ryamamama:20160229202628j:image
3.ナイロン製なので糸ホツレも無く、作業し易いです。なお、用意されたナイロン袋の丈感に応じて切込み長さを調整してくださいね。私はカボチャパンツ風にしたかったので切込みは短めですが、袋を縦に2枚繋ぎ合わせて足首までのズボン風に仕上げてもいいなーなど作りながら思いました。
 
f:id:ryamamama:20160301122554j:image
4.次に、肩紐にあたる手提げ部分を、向きを付け替えて肩から吊り下げられるように切り離します(写真左上、右上参照)。2つとも切り離すのではなく、片方を1つずつ切り離してくださいね。
 
 
 f:id:ryamamama:20160229202557j:image
5.手提げ部分を片方ずつ切り離して、向きを変えて肩紐仕様にします。ほぼ原形のままですけど、これで裁断作業はオシマイ。
 
 
f:id:ryamamama:20160229202701j:image
6.さて、チクチク手縫い作業です。中表に裏返してから、先ほど切り離した「足」を縫い合わせます。次にゴムを通すために裾部分を1センチほど中に折り畳み、ゴム幅を残して端先を縫い合わせます。なお、ゴムを入れる入口として5㎜ほど縫い合わせない個所を残しておきます。
 
 
 
7.ゴムを通していきます。私が使ったのはユザワヤさんのソフトゴムです。
 f:id:ryamamama:20160229202757j:image
 
f:id:ryamamama:20160229214536j:image
8.足の裾部分はゴムの入口用に残した個所から入れます。
肩紐と胴回りの部分はゴムを通すために少し切込みを入れてからゴムを通します。
 
 
 f:id:ryamamama:20160229214542j:image
9.肩紐にゴムを通したところ。お好みの長さにゴムで調整してください。
 
 
f:id:ryamamama:20160229214553j:image
10.胴回りにもゴムを通したところです。肩紐と同様にお好みの胴回りの絞り具合で調整してください。肩紐で吊り下げるので緩めでもずれ落ちることはありません。
 
 

f:id:ryamamama:20160229214609j:plain

11.すべてゴムを通し終われば完成です。手順を考えながら手縫いなどをしたので1時間かかりましたが、決まった手順に沿えば30分ほどで仕上がるかと思います。


f:id:ryamamama:20160229215327j:image
ちなみにこちらはお裁縫がとても上手だった祖母の手作りの帽子型の針山。18年近くも経ちますがボレずに手作りの良さが分かるモノです。刺繍やパッチワーク、小物作りなど幅広く上手だったので色々と教わりたかったなぁ。。と手縫いを始める前に針山を眺めてはいつも思い出してます。
 
 

まとめ

f:id:ryamamama:20160301135803j:plain

こんな感じに娘は喜んでくれてます(^^) お散歩行く前は興奮するのですけど本日はウホウホホーっと大興奮でした。これから春に向かって暖かくなるし、いっぱい公園でシリモチ付いて遊びたいです。 
思う存分に遊ばせたいな、砂場着を手作りしてみたいなーとお考えのママさんへ少しでも参考になれればうれしいです。 
今日も一日お疲れ様でした。最後まで読んで下さってありがとうございます。
-------------------

他にも素材別や仕上がるまでに必要な時間別に手作りベビーアイテムをご紹介していますのでよろしければのぞいていってくださいね。

mamastep.hatenablog.com