【絵本】お気に入りの「絵本の読み聞かせ方」はありますか。膝の上で読み聞かせる効果など。

今回は「絵本の読み聞かせ方」のお話です。
娘の成長に応じて、絵本の読み聞かせ方が少しずつかわってきました。1歳になる前まではじーっと集中して聴いてくれる時もあれば、動き回ったり、絵本の表紙をパタパタしたり。
みなさんはそのようなご経験はないですか。
 
 

すっぽり膝に座り込んでの読み聞かせ。 

「読んでいる絵本に興味がないのかも」と悩んだ時期もありましたが、そもそも小さい赤ちゃんは何か一つのことに集中できる時間はごくわずかです。
大人と違って「じーっと聞く」ことが難しいのだと、児童館の保育士さんから教わりました。
 
月齢が上がるにつれて好みの絵本が変わってきたり、じっと耳を澄ましてくれる時間がながくなっていくのだそうです。
 
たしかに、ここ最近の娘は膝の上にすっぽり座り込んでじっくりと聴いてくれる時間が増えてきました。お気に入りの絵本を毎日、朝昼晩とセッセセッセと運んできてくれます。 
 

f:id:sawamama:20160225230436j:plain

そんな絵本大好きな娘。
母は少し大変な面もありまして。毎日朝一番、起きて寝室を飛び出て向かう先が絵本棚なんです。
トコトコトコーッとお布団のところまで運んできて「よんでください」アピールです。
 
うん。うれしいような、眠たいような・・。 
それほど娘の心をガッチリと掴む、絵本が持つチカラはすごいんですね。 
 
 

f:id:sawamama:20160221221453j:plain

いつもの夜の読み聞かせの風景です。読み聞かせ時間ともなるとひたすらに絵本・えほん・エホンのエンドレスな時間に突入することも多いです。

 

絵本を真ん中に娘と対面で読んでいた時期もありましたが、写真のように背後から同じ方向で絵本を読んだ方がどうやら娘は安心するようです。
読み進めていくと、クルリと顔を上げて私の顔をみてニッコリして、また絵本に夢中になっています。
 
朝昼晩、飽きもせずに毎日お気に入りの絵本を読んでいるわけですが、でもそんな絵本の読み聞かせは私にとっても楽しい時間です。

 

みなさんもお気に入りの絵本にたくさん出会えますように。 
最後まで読んで下さってありがとうございます。
=======================
◆関連記事◆