読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セリアのギフトボックスはオシャレで便利☆イオンのトレイルミックスを使ってお手軽チョコを作ろう

今週のお題は「バレンタインデー」ということで、今回は遠方に住む両親を喜ばせたいなーと考えながら作ったチョコのお話です。

1歳の娘の遊び相手をしつつ片手間でもパパパっと小一時間ほどで作れました。また、ここ最近はセリアグッズ関連記事が多いのですが、今回も「やっぱり108円にはみえないな」なチョコ用ギフトボックスとあわせて作り方などをご紹介します。バレンタインまでまだ日にちがありますし、何かしらの参考になれれば嬉しいです。

 

 

 

セリアのチョコレートギフトボックスで3割増しにみえちゃうな

f:id:ryamamama:20160207105044j:image

活発に動き回る1歳の娘を抱えて買出しに行き、自宅で1時間程度で手作りできたチョコレートレシピなどをご紹介します。とても簡単。セリアのギフトボックスのおかげで3割増しに見えるかなと思える仕上がりになりました。

 

イオンのトレイルミックスはお得感満載

f:id:sawamama:20170130203427j:plain

まずはじめに、今回の完成品はこんな感じの「ゴロゴロ果物感溢れるチョコ」に仕上がりました。レシピというほどのものでもなく、基本的には「美味しいチョコ」を溶かしてお好きなモノを加えて再度固めるだけ。強いてあげれば「ゆっくり湯煎で溶かす」ときに誤って水が入らないようにするくらいでしょうか。

トッピングに便利だったのは「イオンのトレイルミックス」。アーモンド・カシューナッツ・レーズン・ベリー・パイナップルなどのドライフルーツが入ってるので1袋で完結するのでお得感満載です。オツマミ的にポリポリポリしても美味しかったです。

 

 

 

f:id:sawamama:20170130203411j:plain

<そろえるもの> ※1粒30~35gが14粒ほど仕上がります

  • ミルクチョコレート 300gほど
  • マシュマロ 30~40g
  • イオントレイルミックス1袋 95g


<つくり方・ポイントなど>

  • チョコとマシュマロを刻みます。
  • 大きめのボールに60度位の湯を張り、水が入らないよう混ぜつつチョコを湯煎で溶かします。
  • 溶けたチョコにマシュマロを混ぜ、セリアのカップに適量入れます。ちなみに、流し込むだけだと固まるまでに拡がってしまうので製氷皿にスッポリ入れると便利でした(左下写真参照)。
  • トッピングでアーモンド類をのせて冷やしてオシマイ。1袋あたりにナッツ類は15~16粒入ってたので、チョコ1粒に対してそれぞれ1粒づつ、レーズンなどのフルーツ類は適量にパラパラのせました。

 

 

手作りカードを添えて完成。仕上がりはこんな感じになりました。

f:id:ryamamama:20160207105047j:plain

トッピング盛り過ぎ&ちょっとイビツな形もありますが、、ご愛嬌ということで。見た目以上に味は美味しかったです。難点をいえば、ギフトボックスにはカップケースと仕切りが入っていましたがチョコが剥きだしなのが気になった点。なので、クッキングシートを敷き込みカバー代わりにしました。

 

 

f:id:sawamama:20170130203452j:plain

メッセージカードとして色付き画用紙にイラストなどを描き込んで手作りしたものを添えて。最後に箱に入れて付属のシールをペタリと貼って完成です。

かかった時間は娘の遊び相手をしながらなので小1時間ほど。子守りの必要がない方であれば30分もあれば十分だと思いますし、見た目ももっと凝れるかと。

また、セリアのギフトボックスはご紹介した以外にも紙の中敷入りやコジャレた柄の袋タイプなどテンコモリ。目移りしながら選んだのでこれからチョコを手作りされる方はぜひ一度覗いてみられてもいいかもしれません。

 

 

 

喜んでもらえるだろうな、と考える時間がしあわせ。

最後に「贈り物」に関する自分の心境変化のコバナシを一つ。

バレンタインシーズンは製菓メーカーなどの「これでもか!」なバレンタイン商戦の思惑に踊らされてる感もあります。でも「お世話になった方への感謝を示す」などと謳われてしまいますと、やはりまんまと踊らされてしまうものです。

そんな「感謝を形にした贈り物」を貰い包みを開ける瞬間の何ともいえないホワーっとしたワクワクする感じはまさに幸せ。でもですね。贈り物を貰えることは勿論嬉しいのですが歳を重ねるにつれて「誰かに何かを贈る」のは「贈りたくなるような大切な相手が自分の身近に存在する証」で、じつはとても有難いことと感じるように変わってきました(義理チョコなどは論外・・・・ね)。

今回は離れて住む両親へ贈る物ですが、喜んでもらえるようにとその人を思い浮かべて好きなモノや色味、これまでに贈ったモノなどを思い出しながらアレコレと吟味する。時間や手間をかけて選んだり手作りしたりすればするほどに「贈る相手」のことをより大切な存在だな、と感じる機会になっているので最近は「贈り物」の意義が変化してきた感じです。

と熱量多めに語っていますが、今回はセリアグッズなどを使ったお手軽&お手頃なもの。ちょっとアンバランス(笑)。でも実は意図もありまして、只今痩せる必用がない体型なのに減量に勤しんでいる父は甘いものも我慢して取ってないとのことなのでね。市販品を贈るよりも手作りチョコのほうが「娘が作ったから食べてやるか!」的な言い訳がし易いかなーな、娘心。

そんな自分の心境変化のコバナシでした。

 

 

まとめ

チョコレートは明日郵送予定です。サプライズにしたかったのですが、娘の成長を楽しみにブログをみてくれているので既にバレてしまいましたね。本当は娘から手渡しなどできればいいのですが、なかなかに難しいのでね。
 
みなさんにも素敵なバレンタインの思い出ができますように。今日も一日おつかれさまでした。最後まで読んで下さってありがとうございます。