授乳中に親知らずを抜歯☆経過レポート・痛み止めの飲み方

今回は「授乳中に親知らずを抜歯した」お話です。

2週間ほど前に右側の親知らず上下2本を抜歯し、やーーーっと痛みが少し和らぎどうにか普段の日常生活が戻ってきた感じです。

親知らずを抜歯するにいたった私のケースと、授乳中での痛み止めの薬の飲み方、その後の経過についてお届けします。

 

 

 

授乳中に親知らずを抜歯するに至った私のケース

「親知らず」の名前の由来をご存知でしょうか。

正式名称は「第三大臼歯」と呼ばれる、真ん中の前歯から数えて8番目に位置する歯です。15歳前後で生え揃う永久歯の中でも最後に発育し、生えてくる時期は大体10代後半から20代前半で親に知られず生えてくる歯というのが名前の由来なんだそうです。

私はいつ生えたかなーと記憶をたどるも曖昧で、意識しだしたのは親知らずが鈍く痛みだした社会人2年目からです。

 

 

体調のバロメーターになりうる親知らず。

「体調不良だな」と感じるポイントやバロメーターは人それぞれですよね。

私は疲労レベルで症状が違いまして、ちょっと疲れ気味な時は口内炎となぜか手の甲に湿疹がでます。まぁまぁ疲れてる時は37.5度くらいの微熱。疲労MAXの時は扁桃腺が腫れるか、親知らずが鈍くうずきます。

 

この「体調不良な時に親知らずがうずく」状態を歯医者で尋ねてみたところ、元気な時は自覚症状がなかっただけで既に軽い炎症状態。体調不良により免疫機能が下がり痛みを感じた状態とのことでした。

しかも、私のように一度痛みを感じた経験がある場合は、痛みの道筋のようなものができており体調不良の時に何度も繰り返してしまうそうなのです。

一概にはいえないのですけど、歯医者さんの熱い講義を伺い「ほぇーっ」と思えたのでみなさんにも共有してみました。

 

 

 

抜歯したが良いケース・経過観察でも良いケースの見極め

「抜歯=超絶痛いイメージ」しかなかったので「抜歯したが良いケース/経過観察でも良いケース・抜歯後の痛みが強く出る/出ない理由・抜歯方法」を先生にかなりシツコク尋ねたり友人の体験談を聞いたりしました。

育児中のママなら共感頂けるかもと思うのですが、万が一、腫れあがりお薬漬けになると授乳ができないのでかなり慎重になりました。

 

ちなにみ3歳の子がいる友人のケースでは、産後半年で親知らずの強烈な痛みに耐え兼ねて大学病院で抜歯したのですがかなり稀な歯の生え方&下顎骨との癒着が強かったらしく、壮絶な抜歯だった模様です。コワイですよね。。!

 

 

事前に調べたり伺ったことをまとめると。

●抜歯したが望ましいのは主に3つのケース。

①過去に痛みや炎症を繰り返している(炎症部位が悪化する可能性が高いため)

②むし歯になりかけている(親知らずの一本前の奥歯までむし歯になるリスクがあるため)

③親知らずが横や斜めに生えている(前の歯と間に歯周ポケットができるため) 

 

あたりが挙げられます。

 

ちなみに私は①~③すべてが該当します。

とくに注意したがいいのは②のむし歯になりかけの場合。完全にむし歯になってしまうと親知らずの「歯」そのものが脆くなるため、抜歯器具でグワシっと掴んだ拍子に歯の一部が砕けてスポッと抜けずに抜歯治療が難しくなるのだという点です。

 

「親知らずはどうせ抜けばいいので、むし歯になっててもまぁ大丈夫かな」と甘い考えでいたので、これまた、歯医者さんにいかに困難になるかを熱弁されました・・・。

 

 

 

●抜歯後に痛みが出る/出ないの違い

痛みの差は「歯の生え方と顎骨との癒着具合」によるのだそう。横向きや斜めに生えていたり、歯の根っこが深い/曲がっている、顎骨にがっちり生えこんでいる、あるいは骨に埋もれている場合などは、歯を抜くための下準備として骨を削る・歯茎を切開することになり、抜歯後の痛みが酷くなる模様。とくに下側が痛みが強くでるみたいです。

 

私のケースは上下2本の抜歯ですが、下側が横向きにドーンと前の歯を押した形で、かつ、根っこが曲がったりしてました。けれども歯肉切開までは無かったです。

 

ちなみに抜歯する歯医者選びは慎重にされてくださいね。

かかりつけ先か、抜歯経験があるところが断然良いと思います。友人は大学病院で抜歯してましたが、私の場合は大学病院で口腔外科を専門とされていた方の個人クリニックです。抜歯後も消毒に通ったりしたので通院し易い距離も病院選びのポイントかもしれません。

  

 

 

親知らずを抜歯経過レポート・痛み止めの飲み方

f:id:ryamamama:20160126223726j:plain

はい。1歳の誕生日祝いにディズニーシーに行った時の娘です。人見知りが酷くて主人の抱っこで大号泣するという・・。治療中の私の顔はきっとこんな感じだったはず。

 

 

親知らずの抜歯の経過レポート

一気に2本抜くので麻酔を多めに打たれた後、横向きに生えた下側の親知らずから抜歯です。確かに歯の痛みはないのですが、15分程ずーーっと顎を開けていることが地味に辛かったです。

歯の根っこが曲がっているため、抜け難く2人がかりで顎と歯を押さえられ、、、正直ね、最近カルシウム不足で骨も脆くなってそうなので、顎を砕かれると本気で心配しました。鈍い痛みに耐えながら、頭の片隅でずっと「顎」の心配をしていた次第です。

 

下側は時間がかかったものの歯肉を切開することもなくうまく抜けました。上側は「抜くよー」「抜けたよー」な感じにスンナリと抜歯でき、晴れて親知らずともオサラバできました。

 

 

 

抜歯後の痛み止め・授乳中での薬の飲み方

f:id:ryamamama:20160126223745j:plain

抜歯後はロキソニン(痛み止め)と抗生物質を3日分頂きました。さてここで大きな疑問を持たれる方も多いと思うので「授乳中でもお薬を飲んでも大丈夫なのか」という点についてです。

正解は無いですし個々の見解にも依るのが大きいという前提で、歯医者で説明を受け自身が納得した見解と服薬する時に注意した点をお伝えします。

 

私が服用した薬は痛み止めとして、ロキソニン60㎎とカロナール200㎎です。抜歯後も頭痛が長引いたので、ロキソニンよりも弱いカロナールを追加で服薬しました。

また、免疫が落ちていたのか抜歯から4日後に化膿した部位の炎症が酷かったので、ジスロマックという抗生物質も追加で服薬しています。あとは抜歯創の感染予防としてネオステリングリーン(うがい薬)です。

 

いづれも授乳中に服用しても問題ないとして処方されたものですが、全く母乳に成分が移行しないわけではないです。その為、薬の服用時間と授乳時間の間隔を注意し、服用後2時間ほどで血中濃度が高くなることから、授乳の直前直後に服用しました。

また、私は抜歯2日後から頭痛が酷かったので、歯痛みに効くツボで手のひら側の中指と薬指の付け根の間にある歯痛点と手の甲側の合谷を圧したり、首筋にお灸したりして凌いでました。 4日後位から「ウミの嫌な味・臭いがする」と自覚症状が出て2日我慢したのですが、耐え兼ねて再度診せに行くと、炎症が酷く骨が見え出していた状態で歯肉を切開する手前だった模様です。

 

抜歯後は「優しくうがい・指や舌で患部を触らない・清潔にする」ことが早く回復するコツだそうです。また、抜歯後に類似の自覚症状が出た方は我慢しすぎず、再度往診されることをお勧めします。

 

 

 

二度目の親不知抜歯の結果(2017.1.30追記)

一度目の抜歯は体調不良時に抜歯をしたり、親不知が斜め横を向いて生えていたりと、抜歯に悪い条件が重なったことで抜歯後に化膿して苦い思いをしました。今回は残る2本の抜歯をしたのですが、幸い、親不知の生え方も問題なく、体調も万全で臨んだので化膿することなくホッと一安心しました。

もしも抜歯をご検討されておられる方は、やはり、万全のコンディションで臨まれることをおすすめします。

 

 

 

まとめ 

「親知らずを抜く」ことは私の中でかなりの大事件だったので細かくレポートしてしまいました。私の場合は歯肉切開などが無く抜歯自体は簡単なケースだったのですが、免疫が落ちていたためか化膿や炎症が酷く2週間ほど頭痛が長引き正直しんどかったです。妊娠前に抜歯していれば・・など後悔先に立たずですね。

必ずしも抜歯したが良いとはいえませんが、実感としてもしも抜歯するのであれば、痛む前・酷いむし歯になる前で比較的体調が良い時(年齢も若いうちに抜いたほうがいいそう)に自宅近くで実績があるような歯科で連休中などに抜歯されることをおすすめします。

今日も一日お疲れ様でした。最後まで読んで下さってありがとうございます。