【育児のリフレッシュ法】 旅に出掛けたくなる曲☆「DAISHI DANCE」Spectacle 

f:id:ryamamama:20160117213454j:plain

娘を連れた児童館先の花壇に咲いてたお花です。紫色ってめずらしいなとパチリと撮った1枚。

寒空でしたけど晴れてる中のお散歩で、左手にはご機嫌にぷいぷぷうぷうっと喋りながらヨチヨチ歩く娘。なぜだか思わず以前良く聴いていた曲が無性に恋しくなりました。明るい旅に出掛けたくなる気分ってありますよね。あんな感じです。
 
今回はちょっと前のものですけど、7年前にリリースされたSpectacleというアルバムをご紹介します。
おもひでぽろぽろ的な記事になっているのでお時間あるときにでもご覧ください。
 
 

旅に出掛けたくなる気分ってどんなとき?

前向き・後ろ向き・現実逃避・・、旅に出掛けたくなるキッカケはきっとヒトそれぞれですよね。
今日の私は幸いにも前向きな旅の気分です。
 
転勤がある会社に勤めてますが、幸運にも社会人3年目になった時に地元福岡に舞い戻れることになりました(3年後にはまた転勤になりましたけど)。
大学生時代は自宅から毎日四時間かけて通学していたこともあり、一人暮らし経験もないままに社会人に。実家も遠い関西で社会人の仲間入りしたのですが、まぁー今思い出しても「おぇーーっ」となる感じです。文系出身なのですが飛び込んだ世界はIT関係。職人気質なエンジニアである父の影響が多分にあると思います。
 
1年目、2年目は本当に勉強・勉強の毎日。理系大学院卒の同期などは神様の域に見えましてね。比べて自分はミジメというか、情けないというか。パワポを使ったプレゼンなんて、当時の自分を振り返ると酷すぎて穴が有ったら入りたいとは正にコノコトってゆう具合のへっぽこなデキ。お゛え゛ーーっていいながらも喰らい着いてた感じです。
 
当時の週末は「現実逃避な旅」に出ることが多かったです。携帯もなーんも持たずに。今思うと結構アブナイーー・・・。関西圏だったのでそれこそ京都のお寺さん巡りしてました、一人で。「この仏像様のお顔、いい表情」とか感じ入ってましたよ。いやー、やっぱりアブナイーーー。
 
ですが。カミサマは見放さないんですね。ありがたいことに今なお、職に就けており本当に有難いことに育休まで頂いて娘をこうして育てられています。
 
後輩もできてまぁまぁ社会人生活にも慣れてきたかなーな4年目(遅い?)にもなると、地元を歩き回ったり自転車で適当にあてもなく巡るようなユトリもでき。学生時代は実家通いだったので大人な遊び(笑)もできずじまいだったので、羽を伸ばすかのごとくアチコチを散策したり旅行してみたりの日々。そう「前向きな旅」です。
で、そんな時に聴いていたのが「DAISHI DANCEのSpectacle」です。
 
 

Spectacle(スペクタクル):壮大な光景 の意

DAISHI DANCE(ダイシダンスって呼びます)さん、ご存じな方いらっしゃいますか。

お名前ではパッとわからない方でも「ジブリ」をアレンジした曲などが結構有名でジブリファンな方なら一度は耳にされたことがあるかもしれません。ジャンルでいうとダンスやエレクトロニカなどに分類されるもの。でもジャカジャカ煩いものでもなく、ドライブやパソコンなどでの作業中に聴き流す感じにモッテコイなものです。

 

the ジブリ set 2

the ジブリ set 2

 

このもくもく入道雲をみるだけで私はラピュタやナウシカを連想してワクワクしてしまいます。この写真もね、ご本人が撮影されてるんですよ。

 

でもですね。個人的にもっとおススメしたいのは「Spectacle」です。2009年リリースなので結構前ですね。

Spectacle.

Spectacle.

 

3枚目のアルバムにあたり、ご本人が全国ツアーに出ている時に作曲などをされ、まさに「旅」をイメージして作られたもの。津軽三味線で有名な吉田兄弟さんとコラボされた「Renovtion.feat」などが代表曲とされています。この曲もね、とてもいいのですけど私は9曲目の「Journey To The Sky feat.Oh Jieun」が一番好きです。どの曲にもいえるんですけど何度聴いても飽きがこない。繰り返し繰り返し何度聴いたかなー、と思い返しながら今も聞いています。
 
あぁでも正直に白状すると。娘の安全対策でCDなどは物置に直しこんでしまっていて、普段もクラシックやエンヤなんかを流していたので久々に聴いたんですけれどね。いやー、やっぱりいいです。古さがないなーって。

f:id:ryamamama:20160120190033j:image
娘が寝付いてから久々にCDを引っ張り出してみました。もっぱら最近はウォークマンにダウンロードするのでCDを購入する機会も減っちゃいましたけど、改めてモノを手に取るのも悪くないな、と。でも収納に困るのも事実・・。
 

f:id:ryamamama:20160120190036j:image

f:id:ryamamama:20160120190039j:image
こんな感じのジャケット中身です。写真は廃墟や懐かしい街並みなどを得意とされる写真家の丸田祥三さんが撮られたものです。朝日新聞などで連載などもされてらっしゃる方。やっぱりこのアルバムはとても良い仕上がり、と感じさせるのはこの写真によるところも大きいんじゃないかなーとか思ったりしています。ジャケットって大事ですよね。
 
 

まとめ

そんなこんなで。前回の「豆源 きなこ大豆」に続き、またしても子育て情報に関係ないモノをお届けしてしまいました。

お気に入りの1枚だったのに物置に追いやってしまっていた自分。今は育児中心・娘中心の毎日ですけれど、自分の時間や勉強なんかも徐々にバランスよく取り入れていきたいなと思った、今日のお散歩でした。

育児だけでガガガーっと詰めすぎてしまうと煮詰まった時もでてくると思うので、そんな時の自分の中での逃げ道・息抜き方法を作っていきたいです。昔の自分は音楽を聴いたり温泉に浸かったり読書したりして息抜きしてました。他のママの皆さんはどんな風な息抜きをされてらっしゃるんだろうと思いながら、今夜は曲を聴きながら夜更かししてしまいそうです。

最後まで読んで下さってありがとうございます。