読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【離乳食】 お任せ保温調理が便利☆「シャトルシェフ」で節約&手抜きな離乳食作りのすすめ

f:id:ryamamama:20151215225946j:plain

先週末にドライブしたときの娘、お昼ごはんのヒトコマです。目線の先には大好きなサツマイモ。食いしん坊な娘でしてね、ぷっくぷく満面の笑みです。ようやくヨチヨチ歩きが安定しつつあり活動量が増えたのに比例してよく食べます。

そんな娘の食欲に応えるべくアレコレ奮闘する日々において、使わない日はないほど重宝しているのが「シャトルシェフ」、別名「ほったらかし鍋」です。

お任せ保温調理で離乳食や大人用ご飯が簡単に作れる優れもの。セリアの100円みたいなお手頃ではないですが、節電・節ガス・手間を省ける利点を考えるとコスパ高しの調理器具です。今回は使い勝手の良さと実際の離乳食メニューの一部をご紹介します。

 

 

 

真空保温調理☆サーモス製「シャトルシェフ」

シャトルシェフ・ほったらかし鍋

我が家のシャトルシェフです。外観の色は、無難な白色と迷いましたが、温かみのあるアプリコット色(トマト色?)にしました。2年ほど前に購入したのですが、最近はオシャレなブラウン色もあるようです。

 

 

シンプルな2重構造・真空技術、収納し易いシンプルボディ

圧力鍋や活力鍋、マイコン制御式圧力鍋などとはまた一味違う「真空保温調理」鍋の「シャトルシェフ 」について、使っていて優れているなと感じる特性をお伝えします。

 

・加熱後は保温容器に入れるだけなので、娘を寝かしつけた後にササッと仕込んでおけば翌朝には仕上がっている点、加圧中の吹きこぼれや火のかけ忘れがない点は育児におわれる日常で大変助かっています。

「真空保温?」とハテナが付くほど一見すると普通の保温容器にみえるのですが、そこはサーモス社製。世界ではじめて「高真空ステンレス製魔法瓶」を開発しトップシェアを誇る開発力なのでしょうね。6時間経過後も60度をキープし、一般のお鍋の2倍近く保温することができます。実際にお味噌汁などを夕方に仕込み、食べる直前までアツアツで美味しい状態を維持してくれます。

 

・調理鍋と真空保温容器との2重構造で圧力ピンや電源などゴタゴタするものがなくスッキリコンパクト!収納棚でも悪目立ちせず、出し入れし易いです。これは日常生活で時短料理などを目指していると、かなりポイントが高いんです。

一般的なご家庭にはトースターやオーブンレンジ、ホットサンドメーカー、フードプロセッサーなどの調理家電が多く揃っていると思いますが、意外と悩ましいのが「キッチン収納」だと思います。電気圧力鍋も良いのですが、出し入れのし易さ、掃除手入れのし易さなどを考えると私の場合は、シャトルシェフの方が相性がいいようです。

 

 

 

小回りが利く・使い勝手のいい1.6Lがおすすめ

シャトルシェフとルクルーゼとの比較

右シャトルシェフ1.6L、左はルクルーゼ ココットロンド2.4Lです。サイズ選びはかなり悩んだのですが最終的に2~3人用の1.6Lを選択しました。少量の離乳食作りは勿論ですが大人用のスープ調理や食材の下茹でにも最適なサイズ感で、嵩張らず出し入れもしやすいので1.6Lがおすすめです。

 

シャトルシェフの外観

サイズ感の比較です。ルクルーゼより2周りほど小ぶりです。小さいお子さんがいるご家庭の3~4人暮らしでのスープ用などにも重宝できるかと思います。

我が家は主人の帰宅が遅いので「離乳食作りでお鍋を使った後にスープや汁物の材料を入れ込んでおいて夕飯時はよそうだけにしておく」が一日の流れになっています。小さい子がいると夕飯時間はバタバタですよね。THE・手抜きでラクチンです。

 

 

「煮込み料理の鍋キング」ルクルーゼとの使い分け

f:id:ryamamama:20151215125141j:image

「保温調理」や「煮込み料理」ときくとルクルーゼやストウブ鍋を連想される方、多いと思います。お料理好きな方などはお鍋のこだわりも大きいですよね。私はルクルーゼは20と24の2つを持っており、正直悩みました。

 

手間をかけて「コトコト煮込んで水分も飛ばす感じの濃厚な味付け」にできるのはやはりルクルーゼに軍配が上がります。やっぱりおいしいですもん。でも手間ヒマかけれないのが今の私です。

対してシャトルシェフ。基本的に離乳食は味付け不要で素材を活かしホロホロに柔らかくする調理法のため、じっくりと火を入れれるので素材の甘みなどが際立つのがシャトルシェフです。また、煮崩れしにくいので煮豆や煮付けがキレイに仕上がります。ほったらかしておく間に娘と遊んだり他の家事を済ませられます。

 

 

 

離乳食のつくりかた

コツもなにもお鍋にお任せするだけなのですが、いかにラクチンかをお伝えするために本日のシャトルシェフでの離乳食づくりをレポートします。

 

甘みが増す芋・豆・根菜類がとくにおすすめ

f:id:ryamamama:20151215125131j:image

基本的に何でも保温調理できるのですが、芋・豆・根菜類の調理が特に美味しくなります。水にさらして灰汁を抜いたお芋を水に入れた状態で火にかけた後、保温調理することでじんわりと火が通るため、素材の甘みが際立ちます。

 

 

<温野菜調理メニュー>

3日分の離乳食用にサツマイモ1本300g、じゃがいも200gを使いました。朝9時に火にかけて8分ほどで沸騰し、そこから3分ほど加熱、火から降ろして保温容器に入れます。そこから娘の散歩に行き帰ってきた12時頃には食べごろになっています。

 

 

<お味噌汁・お吸い物メニュー>

お夕飯用の汁物として「具沢山お味噌汁」を作りました。娘にも薄めて食べさせられるので良く作っています。

夕方頃に玉ねぎ3分の1(くし型)、人参(千切り)3分の1、冷凍コーン大匙2杯ほど、絹豆腐4分の1とお水2カップほどを入れて沸騰させた後、ダシの素、お味噌を溶き入れて保温容器に入れます。娘用には水で薄めて冷ましたものを与えたり、夜に主人が帰宅した時もアツアツで食卓に出せます。

 

 

<茶碗蒸しメニュー>

大人用の副菜や娘用の取り分け離乳食として「具沢山な茶碗蒸し」もよく作っています。卵1つ、ダシカップ1とを混ぜたものをベースにして、ほうれん草やカニカマ、鶏肉、蒲鉾などをその日の冷蔵庫ストック次第で入れます。

シャトルシェフに水を少し張ってオチョコのような小さい容器の上に、茶碗蒸しの具材などを入れたカップにサランラップをして水が入らない状態にしたものを置き、5分ほど加熱して保温容器に入れます。すると、ホッコリトロトロな茶碗蒸しが出来上がります。

 

 

 

できあがり・本日のご飯と離乳食ストック

f:id:ryamamama:20151215125124j:plain

湯気感が伝わらないのが残念ですが、ほくほくふわーなサツマイモとジャガイモ。温かいうちに常備乾物の青海苔・桜海老で風味付け、冷凍ストックしているブロッコリ、にんじん、玉ねぎと合えて2品作ります。

 

f:id:ryamamama:20151215134439j:plain

右上と右下と真ん中が先ほどのお芋をちゃちゃっと加工したもの。他はストック分を解凍したものです。私は一気にお昼ご飯と夜ご飯を作るので写真は昼+夜メニューの一部。朝ごはんは夜寝かしつけ後に仕込んでいます。

 

f:id:ryamamama:20151215125956j:image
こちらはシャトルシェフにお任せ保温調理で作ったストック分。セリアで買った小鉢に4~5品小分けして、メインのご飯や果物と組合わせてローテーションしています。アレコレ献立を考えたり、3食全てで栄養バランス取れるようにするのは大変ですよね。なので私は1日トータルでのドンブリ勘定で、娘が飽きない程度にストックを活用してやりくりしています。

 

<追記>幼児食のストック作りでも活用中

シャトルシェフで炊いた幼児食ストックの黒豆

 

シャトルシェフで炊いた黒豆

2歳になった娘の幼児食ストック作りでも、かわらずシャトルシェフは大活躍しています。うずら豆・大豆・黒豆を炊くことも多いのですが、写真の黒豆のように皮が破れることなくツヤツヤに仕上がります。

 

 

 

 

まとめ

大人からの取り分けができるようになる頃までは離乳食作りって大変ですよね。今回ご紹介したシャトルシェフはお任せ調理で手間を省ける上に、火の元の心配が無いので安心です。また、節電&節ガスと経済的なのも育児休業中の身にはうれしいところです。

前回ご紹介したセリアのプチプラ価格には及びませんが、多忙なママの時間をお金に換算するとコスパも良いと思います。便利グッズを使って上手な育児の手抜きをはかってみませんか。

ーーーーーーーーーー

◆楽天ショップなどから購入できます◆

 

◆関連記事はこちらからどうぞ◆

【時短料理】 シャトルシェフとレコルトカプセルカッター☆野菜たっぷりな2歳児のごはんメニュー<まとめ>

【離乳食】 おしゃれで便利☆「レコルトのカプセルカッター」でアレンジ自在な万能ストック作り